忍者ブログ

田舎のリフォーム会社社長のブログ

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎でリフォーム、不動産メンテナンス、便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

最近、政治の中で納得のいかないことがあります。

亀井静香郵政改革・金融大臣の「モラトリアム法案」です。

中小企業の借り入れ金の返済を猶予するという内容ですが、これだけの不況であればいたし方ないのかもしれませんが、どうも納得がいきません。

詳細に関してはまだ、詳しく発表されていませんのでよくわかりませんが、要するに

・資本金や従業員数で決められた基準以下の中小企業が対象

・毎月の返済金だけを一定期間猶予する

ということであろうと思われます。

返済しなくてよいということではなく、一定期間だけ金利も元本も払わなくていいよーということですよね?

では、その支払わなくてもいい期間の金利はだれが負担するのですか?

まさか、金融機関が負担を負うのではあるまい。

(そんな太っ腹な金融機関があれば見てみたいものです)

ということは、国民の税金が使われるということですよね?

納得がいきません。

経営努力をして、利益を上げ、税金を支払っている会社はどうなるのですか?

これこそ競争原理でいえば、国の依怙贔屓ということではないでしょうか?

苦しから国が借金の返済を猶予することを許可する。

そこまでひどい状態なのか私にはよくわかりません。

この法案がどうしても必要な状況説明があってもいいと思うのですが、それがありません。

どうも納得がいきません。


さらに、会社更生法というのも納得がいきません。

負債総額が数十億円、数百億円という単位になっても、返済はその100分の1で良くなります。

さらに、その支援に官公庁も協力している節があります。

救済は必要でしょうが、もっと納得のいく説明が必要なのではないかと思います。

みなさんどう思われますか?

拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

あいまいなこの法案。
本当にこのまま決まって良いのか、どうか、、。これからの若者にツケが回るのは必至ですが、、。
TRACKBACK
Trackback URL:
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
7 8 13
14 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
[01/18 http://bit.ly/2vzgyHc]
[01/17 Laurene]
[01/15 thesis writing service review]
[01/15 Cortney]
[01/12 pattaya porn]
[01/10 review writing services]
[01/08 módy]
[01/08 resume writer reviews]
[01/08 módy]
[01/07 Johny Jackson]
[01/07 Johny Jackson]
[01/06 remedio tesao de vaca]
[01/05 Witryna Online]
[01/05 Johny Jackson]
[01/04 piccsy.com]
HN:
伊勢 徹
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
<<そろそろ冬の準備(雨漏りには注意)  | HOME |  太陽光発電の買い取り始まる>>
Copyright ©  -- 田舎のリフォーム会社社長のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ