忍者ブログ

田舎のリフォーム会社社長のブログ

独立して20年。 富山の片田舎でリフォーム、不動産メンテナンス、生活代行業などで頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

選択したカテゴリーの記事一覧
今日は雨のちくもり。肌寒く感じます。

介護施設の改修工事が、終盤を向かえました。

この写真は、バスになりますが、窓の下に、ユニットバスが設置される予定です。



何だか、リフトがついている特殊なバスタブとかで、座ったままお湯につかることが出来るそうです。

来週末には設置されるとか。

部屋の改修工事も順調に進んでいます。

ここは洗面の場所を移動し、壁などを改修しました。



デイサービスもされており、また、ショートステイもされています。

工事中、音も出ますし、利用者が突然見学に来られると、思わぬ事故に繋がることも想定しながら、慎重に作業を進めています。

あと少しです。頑張っています。

拍手[0回]

PR

今日は曇りがちですが、気温は30度まで上がる予報です。

アジサイは日に日に色づき、満開に近づいてきました。



当社は便利部門がありますが、このところ、草刈りや剪定の依頼が増加してきています。

また、便器の取り換えや水漏れなど、小工事も増加傾向です。

一方で、大規模リフォーム工事は途切れることなく、工事が続いています。

6月末までの完成予定は、とある介護施設のバス改修工事に伴う、ショートステーの部屋の改修工事です。

7月からは、両親の家を改修し、子供である夫婦が、終の住処にするため、リビングダイニングを別の部屋に新設し、その隣に寝室を設置する工事です。

現在お住まいの家は、子供に引き渡すとのことです。

バリアフリーと断熱性能を高め、快適な居住空間にリフォームする予定です。

人生90年時代になり、余命20年以上ある方にとりまして、老後を考えた快適な空間作りということですね。

やってみようかしらと思われる方、是非、一度当社に連絡ください。

施行事例も含めて、ご相談を承ります。





拍手[0回]


今日は晴れ。気温も21度ぐらいまで上がります。五月晴れですね。

庭のアジサイの花芽が付き始めました。

季節は初夏に向かっています。



ゴールデンウィークも終わり、財布も寂しくなったころですが、当社のリフォームはピークを迎えています。

今日から始まったのが、屋根の塗装工事。

先週から始めたのが、とある介護施設の改修工事。風呂をやり直し、部屋を増設します。

その他にも仕掛り工事をしています。

当社の決算が6月末ということもあり、それまでに済ませておきたいものばかりです。

朝から3名が朝礼参加せず、直行していました。

季節もいいので、仕事もはかどると思います。

私も現場の向かいますね。

拍手[0回]


 今日は晴れですが、夕方から雨が降る予報です。

雪は降りません。

らいふだよりを作成し、リピーターの方にお届けいたします。

創刊号になり、社員が手書きで作成しました。



第一号は、社員紹介です。お客様のところにお邪魔している者もいるとは思いますが、そのほかの社員もいるということを、ご紹介したくて掲載いたしました。

裏面は、断熱特集の広告記事です。



今年は、さほど寒くならず、断熱の必要性を感じなかったかもしれませんが、ヒートショックで亡くなる方が、毎年17,000人いらっしゃるという事実を知って頂くことも重要と思っています。

家で骨折する方もおおいのですよ。

お勧めは、リビングダイニングの改修工事です。

暖かいリビングの隣に浴室を置けば、同じ温度帯でお風呂に入れます。

さらに、トイレや寝室も隣接していれば、なおさら良いでしょう。

人生90年時代。

60歳代に一度、改修工事をしておけば、病気がちになるころには、断熱やバリアフリーの心配をすることがありません。

是非、この機会にご検討ください。

拍手[0回]


今日は20度まで上がります。11月下旬と言うのに信じられない晴天となりそうです。



11月も残すところ4日となりました。

師走もすぐにおわるのでしょうね。

リフォーム工事も、急ピッチで進行中です。

バスの取り換え、洋便器の取り換え、外部補修など、現在抱えている工事は12月中旬には終了できそうです。



ユニットバス工事は、年内完成が難しくなってきてはいますが、トイレ工事はまだまだ間に合います。

また、屋根工事も雪の心配がなさそうなので、出来そうです。

雨樋が壊れていませんか?

冬場、雪があると工事出来ませんので、気になる外部の修理は、今のうちです。

お電話をお待ちしています。



拍手[0回]


今日は曇り。最高気温も14度までしか上がりません。寒い一日となります。



青空が見えますが、快晴ではありません。

寒くなってくると、気になるのが風呂ではないでしょうか?

つい1週間まで気にしませんでしたが、タイルや30年前のユニットバスは、寒いですよね。

最初に入る方は、風呂全体にお湯をかけたり、暖房機を使ったりされていると思います。

でも最新のユニットバスは、断熱性能が向上しており、とっても快適です。



写真は、TOTOの製品ですが、床に工夫があり、やわらかい素材を使っているせいで、足が冷たくなりません。

また、室内が一度温まると、冷めにくく、時間をおいて入っても暖かいままです。

バスタブにお湯を溜めるとき、風呂の蓋をしないで貯湯すれば、最初の人が室内全体にお湯をかけることすら必要ありません。

バリアフリーで、高齢者にも優しい設計となっています。

洗面と一緒に改修工事をすれば、更衣する時のヒートショックも防げます。

工期は7~10日程度。

費用は100万円~150万円が目安になります。

如何ですか?タイルの風呂、30年以上前のお風呂の方、取り換えてみませんか?

今年の冬こそ、暖かい快適な風呂で、毎日の疲れを取りませんか?


拍手[0回]


今日は曇り時々晴れ。気温は24度程です。

爽やかな一日となりそうですね。


リビングダイニング改修をします。



築20~30年の住宅は、耐震の問題もありますが、一番の欠点が「断熱」です。

断熱材が床や壁に十分に入っておらず、寒いリビングになっている家が多いのです。

また、窓ガラスは単板で、熱を逃がしやすく、結露に悩んでいらっしゃる方も多いと思います。

家全体を全面改修すると、お金もかかりますし、工事期間中、引っ越しを余儀なくされる場合もあります。

そこで、リビングダイニングだけを改修し、快適な空間を作ろうというもの。

写真は、床をめくり、やり直しをして、不陸だった床を綺麗にしました。

束も多く入れ、床の沈下を防ぐ工夫もしています。

断熱材を入れ、床暖房を設置しました。

また、窓も樹脂サッシに取り換え、結露や檀悦性能を高めています。

間取り自体は変更しませんでしたが、吹き抜けのリビングが寒いということは、解消され、とても快適な空間が出来上がりました。


如何ですか?寒くて、暗いリビングに不満をお持ちではありませんか?

狭いリビングやキッチンに満足していますか?

当社に一度、ご相談下さい。

快適なリビングダイニングの提案をさせて頂きます。


拍手[0回]


今日は全国的に晴れ。

関東地方は、昨日梅雨入りしました。

富山も近そうです。



当社では、リビングダイニングの改修工事を数多く手掛けています。

お役様の「家の困りごと」で多いのが、リビングが暗い、寒いというのが上位になります。


高齢になってくると、家で過ごす時間が増えてきます。どこにいるのかと言うと、やはり、LDKではないでしょうか?

そこが、夏暑く、冬寒かったら、快適な1日を過ごすことはできません。

キッチンも収納がなく、床にまで多くの物を置いているご家庭もあります。

そこで、快適な空間をつくるために、床、天井、壁をやり直し、檀悦性能を高め、快適な空間にするという提案をさせて頂いています。





工事期間は約1カ月。見違えるほどきれいで快適な空間に変わります。

オール電化で床暖房をすれば、床からの輻射熱でぽかぽか。

夏はエアコンの効きも見違えるほど快適になります。

現在の新築は、高気密、高断熱になっています。

お子様の家は、快適ではないでしょうか?

家ごととなると、金銭の面や機関の面で戸惑うと思いますが、一部だけだとそんなかかりません。

どうですか? リフォームをして、今年の冬は暖かく、きれいな空間ですごしませんか?

拍手[1回]


今日は晴れ。気温も23度まで上がる予報です。週末にかけては暑い日が続くようです。

大陸から高気圧が押し寄せ、暖かい空気だけではなく、黄砂も一緒に吹いてきます。

車はすぐに黄色くなります。



仕事のほうですが、急に依頼件数が増加してまいりました。

大規模フォームやちょっとした修理、修繕も多いです。

今週、富山情報にチラシを配布したせいですかねぇ。

  

4か所の水周りの取り換えで、250万円(税別)というチラシです。

それぞれメーカーも選択でき、とてもリーズナブルになっています。

一般のお客様に取りまして、どこのメーカーのどのシリーズが良いのかとかは、分かりずらいですね。

そこで、当社の方で選択させて頂き、その中から選んで頂くというパターンです。

これなら間違いないという商品を選びました。

是非、ご検討ください。







拍手[0回]


今日は晴れですが、気温は16度程しか上がりません。雲も多い感じです。



さて、「大手が勝つとは限らない」というタイトルですが、当社のような弱小リフォーム業者が、富山で大手と言われる2社との相見積で、勝ち、見事受注できました。

そのうちの1社は、見積もり自体が高かったということ、もう1社は営業1名しか来ず、不安を感じた、ということです。

当社は、営業担当と現場管理者が同行し、内容の吟味を2名で行います。

未熟さや見落としを少なくしようということですが、今回の場合、それがうまくお客様に伝わったようです。

「大手が勝つとは限らない」。

大手は大勢の人たちで組織を動かしていますよね。

キャリアを積んだベテランから、新人まで様々なレベルの方が、組織力を使い、営業活動をします。

当社と比べますと、その辺は逆立ちしても無理です。

少数精鋭、誠心誠意、真心を込めてお客様に接するしかありません。

身の丈に合った営業活動をしていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

拍手[1回]


05 2019/06 07
S M T W T F S
2 6 7 8
9 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
[06/15 안전놀이터추천]
[06/15 WINGes]
[06/15 Günstige instagram Likes kaufen]
[06/15 메이저놀이터]
[06/15 안전놀이터]
[06/15 Trisha]
[06/15 günstige instagram Likes kaufen]
[06/14 라이브스코어]
[06/14 메이저놀이터]
[06/14 Sports & Outdoors]
HN:
伊勢 徹
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
 | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- 田舎のリフォーム会社社長のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ