忍者ブログ

田舎のリフォーム会社社長のブログ

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎でリフォーム、不動産メンテナンス、便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

選択したカテゴリーの記事一覧
今日は晴れですが、気温は16度程しか上がりません。雲も多い感じです。



さて、「大手が勝つとは限らない」というタイトルですが、当社のような弱小リフォーム業者が、富山で大手と言われる2社との相見積で、勝ち、見事受注できました。

そのうちの1社は、見積もり自体が高かったということ、もう1社は営業1名しか来ず、不安を感じた、ということです。

当社は、営業担当と現場管理者が同行し、内容の吟味を2名で行います。

未熟さや見落としを少なくしようということですが、今回の場合、それがうまくお客様に伝わったようです。

「大手が勝つとは限らない」。

大手は大勢の人たちで組織を動かしていますよね。

キャリアを積んだベテランから、新人まで様々なレベルの方が、組織力を使い、営業活動をします。

当社と比べますと、その辺は逆立ちしても無理です。

少数精鋭、誠心誠意、真心を込めてお客様に接するしかありません。

身の丈に合った営業活動をしていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

拍手[0回]

PR

今日は曇り、のち雨。気温は21度まで上がる予報です。



最近のリフォームの傾向をお伝えします。

先の台風直撃の影響かどうか判りませんが、修理、修繕の方が多くなってきています。

屋根の修理、外壁のコーキングやり替え、フェンスの取り換え、給湯器の取り換え、屋根瓦の取り換え、などが多く、本格的な冬になる前にということでしょうか?



昨日、設備メーカーさんと商談していたら、新築もリフォームも昨年割れを起こしているということ。

昨年の景気が現在より良いとは思えないのですが、消費者の行動が鈍っているのではないかと思われます。

今年は、衆議院選挙がありました。ご存じの通り、自民党の圧勝で終わり、政治は安定しています。

株も約25年10カ月ぶりの高値でバブル崩壊後の済州ねを超えました。

良い材料が出そろっているのにも関わらず、お金が回っていないという現れでもある気がします。

皆様、タンスや銀行にお金を寝かせておいても役にたちません。

旅行に出かかるとか、買いたかったものを買うとか、リフォームして快適な住まいにするとか、どうか、お金を回すようにしませんか?

当社に少しでもおこぼれがくれば、幸いです。


拍手[0回]


今回は、アパートです。

当社で管理を請け負っていますアパートでも、多数の被害が報告されています。



通路の天井板が落下したというアパート。

その場で即、復旧しました。


入居者様からテレビが映らないとのこと。屋根には地デジアンテナが倒れていました。

その場で即、復旧。



この建物以外にも10棟ほどの被害があったようです。


外壁のサイディングがはがれ落ちた例。

この建物は、外壁塗装工事を控えており、仮養生でしばらくしのぎます。




屋根の板金が落下した建物。



老朽化で釘が腐ってきていたと思われます。

こちらは、現状復旧までに時間が掛かりそうです。

風でドアがあおられ、丁番が曲がったというものもありました。


一般家庭での被害。

屋根瓦が割れているとのこと。複数枚、割れていました。

特段、何かがぶつかったようでもありませんが、多分、瓦が強い風でめくれて割れたのではないかと思われます。



今日も、電話が入っています。

皆様も、台風一過となった今日、家の周り、屋根などを点検して見られたら如何でしょうか?


拍手[0回]


日曜日の夕方からの台風の被害は、開けた月曜日の朝から電話が30件以上あり、その一例をご紹介していきます。

リビングで雨漏り。



ぽたぽたと落ちて来たようです。屋根に上がってみたところ、特段漏れるような感じではありません。



恐らく、棟のところから雨水が吹きあがり、雨漏りしたと考えられます。

ご提案は、瓦棒屋根のガリバニュム板金の張替えにするつもりです。


次のお客さまは、屋根瓦からの雨漏り。

屋根裏にははっきりと水漏れの後がついています。今回は雨の量が多かったので、室内で漏れが確認できましたが、色の変化からして、今回が初めてではないようです。

 

瓦には、割れたものもありませんし、ずれもありません。



瓦を外し、確認。ルーフィングが濡れています。



原因は、雨が瓦を駆け上がり、釘を打ったところから下に漏れたのではないかと思います。

壁との取り合いの場所もあやしいので、後日けんとうすることにいたしました。

次は、とある歯科医院さま。出窓から水漏れが発生したとのこと。

  

屋根上部を見てみても、コーキングの切れなどのそれらしき場所はありません。





屋上の笠木を調査。コーキングが切れている場所がありました。

どうやら、ここのようです。全ての箇所のやり替えを提案することにしました。


まだまだありますが、一旦ここで終了といたします。


拍手[0回]


TDYリモデルフェアに当社も参加します。

主催は、TOTO、DAIKEN、YKKAPの各メーカーですが、当社はお客様を展示会へ4来て頂く係です。



8社のブースが出店され、最新の住宅設備が紹介されます。

住宅フェアは、どこでも開催されており、特段珍しいことではありませんよね。

普通は、リフォーム業者が主催し、20社ほどの住宅設備メーカーの展示をして、自らの客を誘導するというパターンです。

でも今回は、メーカーが主催し、私たちのようなリフォーム業者がお客様をお連れするというのは、地方で開催されることは今回が初めて。

富山市の業者が高岡までお客様をお連れするのは、難しいことではありますが、今回はあえて挑戦いたします。

正直な所、大変苦戦しています。

お時間に余裕がある方、住宅設備に興味のある方、是非、お越しください。

粗品も用意されています。

お待ちしております。



拍手[0回]


今日は、朝方曇りですが。晴れてくるようです。十五夜のお月さま、見えそうです。



ここ最近、朝の冷え込みがきつくなってきました。

15度前後で、もう半そでは着ていられないですね。


さて、今週、月曜日に、「家の外壁の張替の見積もりを欲しい。実は他社に見積もりをお願いして、価格も出ているのですが、納得していない」ということでした。

早速、当社担当者と現地確認。築50年ほどは経っているであろう家は、その奥にまた家があり、そちらの方が新しく、また外壁もしっかりしています。

「どうしてこの家の外壁を張替えしたいのですか?思入れのある建物ですか?」

「この家は死んだ父親が建てた家で、母親が壊したくないようだ」ということ。

「この建物に投資する価値はありますか?お金をかかるのであれば、奥の家の方が良いのではないですか?」

「そもそも、あなたはあと何年生きますか?30年程ですか?。私だったらこの家を取り壊して、奥の家の内部をリフォームしますが?」

「家族会議をして、また、お話しします。」

という内容のお話しをさせて頂きました。

私が思うに、検討している家は耐震、断熱、水回りの設備はリフォームしなければ、住み続けることが出来ず、そのためには1000万円以上のお金が掛かるはずです。

それに見合うだけの価値があるかということです。

奥の家は、築30年以上経っていますが、外壁や屋根はしっかりしています。

基礎も高めです。

この家を快適なリビング、キッチン、バスにしたほうが、資産価値が上がります。


今日朝一で、またお話しを致しました。

「あなたの言う通り。外壁をやり直しても、お金をどぶにしてるようなものだ。止めます。」

仕事にはなりませんでしたが、無駄なお金を、その相手の口車に乗って、将来のことを考えずに使わなかったことは、良いことだったと思います。

私たちは、単に仕事を請け負えばいいと言う風には思っていません。

将来のこと、お金のことを考えて、現在すべきリフォームを提案しています。






拍手[0回]


今日は曇り。蒸し暑い日となるようです。夕方から雨が降り、気温も下がります。

秋風邪?が流行っているようです。り

気温の変化が激しいので、気をつけたいですね。



婦中町、希望が丘でリフォーム工事が始まりました。

施主様は、昨年から検討を続けられて、夏の暑い時期を避け、この時期からの工事となりました。

この街は、富山では最初の生け垣を義務づけた街です。

入居が始まって既に25年が経過しており、あちこちの家でリフォーム工事が行われています。

今回の施主様は、「リビングダイニングとユニットバス、シンク、洗面化粧台の入れ替え工事」です。





リビングの床は、ワンちゃんがいたせいで、ボロボロ。日焼けや雨の吹きつけで膨れたり、薄くなったりしています。

床は上から貼り付けます。

また、ペアガラスではあるのですが、アルミサッシのため、結露が激しく、枠も膨れてぼろぼろになっています。

内窓を入れてみることも検討して頂いています。

旦那さんがお亡くなりになって、1周忌も終わった今、奥様一人の生活をより快適にするため、工事を進めます。



拍手[0回]


今日は曇り。真っ白な雲が空を覆っており、時々晴れ間があるようです。

朝晩の冷え込みは、涼しさを通り越し、肌寒く感じます。



さて、この間、トイレの交換のお客様のところに、ご挨拶にお伺いいたしました。

そちらのお客様は、以前から付き合いをさせて頂いております。

洋式トイレの交換の理由が、余り聞かない内容だったので、ご紹介いたします。

10年以上前なのでしょうか? 投当社ではない会社からトイレの交換を進められ、安かったこともあり、交換したそうです。因みにそのトイレは、私たちも取り扱ったことのないメーカーでした。

ここ最近、どうも座り心地が良くなく、取り換えを相談されました。

その便座がおしりの当たるところに角があり、と言ってもアールが取ってありますが、そこが当たって、長く座っていられないということでした。

とうとう我慢できなくなってしまい、今回、取り換えとなりました。



(本文のトイレと写真は違います)

タンクレスの少し高いものを選ばれました。

お客様は、メーカーのショールームで座り心地を試されたことは言うまでもありません。

「もう長生きできないのだから、毎日使うトイレを我慢するのは止めました」。

その通りですね。トイレは毎日、使います。人によっては一日10回以上、座ります。

風呂は外で入れますが、トイレはそうはいきません。

「少し贅沢しちゃいました」。

そんなことはないですよ、お客様。

掃除もしやすいし、節水できますし、快適ですよ。


拍手[0回]


4月から取り掛かっていました、大規模リフォームはあと少しで完成です。



こちらの家は、築28年度ほど。

家の悩みは、寒いということ。床が傾いているということ。外壁、屋根がボロボロだということでした。

そこで、壁、床、外壁を撤去してやり直しました。

アルミサッシも、樹脂+アルミサッシに取り換え。

床の断熱、壁、天井の断熱を強化して、床を貼りつけました。



リビング、ダイニングは吹き抜けです。

天井扇を取り付けました。

床はチークの無垢材。床暖房は不凍液タイプにしてあります。



洗面は、今まで使用していた洗面をそのまま使用しています。


トイレは取り換えました。

現在、外壁貼り付けを急ピッチで行っています。

もうすぐ完成です。



拍手[0回]


その2でご紹介いたしました、「大規模リフォーム」は3月末に仕上がりました。

先ずは2階部分。こちらは水廻りとおばあちゃんの寝室、座敷があります。

キッチンからリビングを見たところ。茶系で統一されており、とてもシックな感じに仕上がりました。



キッチンはトクラス。色は群青の深い、とてもきれいな色です。



娘さんがトクラスキッチンだったため、おばあちゃんも同じメーカーにしました。



画面ではわかりませんが、カウンターも高さを普通より高くしてあります。

理由は、シンクに立てかけたまな板などが見えないようにするためです。

急なお客様が来てもシンク側に隠せます。



床はチークも無垢材。床暖房にしてあります。

リビングの入り口側。奥まったところにソファーをおく予定です。



こちらは、おばあちゃんの寝室。左側には収納があり、洋服を掛けます。右奥は押入れ。布団などを収納します。

カーテンはおばあちゃんがお気に入りの花柄。色も落ち着いていますね。

手前に少しだけ映っている畳のところは、座敷。洋間の出入り口は座敷からとなります。

もともと出入り口が左側にあったのですが、断熱を高めるために座敷からとしました。



部屋側から座敷側を見たところ。ドアは3枚にし、軽く動くように配慮しました。



座敷はごくごく普通だと思います。壁は左官仕上げ。窓には樹脂製の内窓を設置してあります。

見た目は木の格子のように見えます。



おばあちゃんの部屋とLDKの間には、トイレと風呂、洗面、階段部があります。

こちらの家の特色でもあり、また、欠点でもあった階段部と踊り場を戸で仕切り、冷気が下から上がって来ないようにしてあります。

おばあちゃんの寝室と座敷、水廻り、そしてリビングダイニングが同じ「温度帯」にすることが可能となり、とても快適になっております。

水廻り。洗面ですが、右側にはタオル、下着などを整理して入れれます。


 

バス。TOTO製。床は倒れてもクッション性がありますので、ケガの心配もありません。



3階部。こちらは部屋が3つあり、主寝室はとても大きく20帖ほどあります。



ウォークキングクローゼット。入り口が廊下側と寝室側にあったのを廊下側を壁でふさぎました。



主寝室入り口。左側の戸の奥に階段踊り場があります。階段室と仕切ることで下からの冷気が遮断されます。

3階もやはりチークも無垢材を使用しています。



壁は珪藻土。クリーム系の色です。

ずべての窓には樹脂サッシを取り付け、断熱と防音効果を高めています。

4月からお住まいになっていらっしゃいますが、とても快適で、車の音も気にならなくなったそうです。

また、断熱性能がとてもよく、床暖房も大変気にいって頂いています。

今回の物件は、2階、3階部分の全面改修で、鉄骨と外壁だけを残して改修しました。

吹きつけ断熱と樹脂サッシの使用、そして、最大の課題だった階段からの「冷気」もシャットアウトでき、施工側としても、やりがいのある工事となりました。

最後に、リビングにオーダーしたテレビボードを掲載して、終わりとします。




拍手[1回]


10 2017/11 12
S M T W T F S
3
5 11
12 13 15 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
[11/20 father's day origami shirt card]
[11/20 make father's day shirt cake template]
[11/20 father's day dress shirt card]
[11/20 father's day shirt diy]
[11/19 martha stewart fathers day shirt card]
[11/19 shirt for father's day]
[11/18 father's day handprint t shirt]
[11/18 father's day race track shirt]
[11/18 www.youtube.com]
[11/17 harley father's day shirt]
[11/17 father day shirt and tie craft]
[11/17 paper writing services reviews]
[11/17 happy fathers day shirts walmart]
[11/17 homemade father's day card shirt tie]
[11/16 fdny father's day fire shirt]
HN:
伊勢 徹
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
 | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- 田舎のリフォーム会社社長のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ