忍者ブログ

田舎の便利屋社長が行く

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎で便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

選択したカテゴリーの記事一覧
先月の半ばにスペインへ旅行に行ってまいりました。

ヨーロッパのバルカン半島にある国。サッカーで有名な国。サグラダファミリアのある国。

多くの特色のある国ですね。

ヨーロッパは現在、テロの発生が懸念される国多い中で、スペインは発生していません。

観光客の数も昨年実績で7600万人ほどだと聞いています。

人口が4500万人ですから、倍近くの外国人が訪れているということになります。

今回の旅行の目的の一つは、サグラダファミリアを設計したガウディの作品を見ることです。



ご存じの方も多いので詳しくは紹介いたしませんが、この設計をしたのが約140年前。日本は明治時代前期です。

無名だったガウディが、約45年もの歳月をかけて設計しました。

設計図というのを書かずに、模型を製作して職人に説明したそうです。

もともと建設するお金は、民間人の寄付により賄うとされていましたので、お金が尽きれば中断するという感じで工事は進められました。

2000年に入ってからは、入場者数が多くなり、その一部が建設費に回されるとこもあり、多くのお金が貯まっています。

このままの工事でいけば、2026年にも完成する予定だそうです。

現在、個々の彫刻を手掛けるのは、日本人であるということはご存じだったでしょうか?

外尾悦郎さんという方が責任者をおやりになっています。

内部はとても斬新的。



森をイメージしたということですが、およそ教会とは思えないですね。

ステンドグラスもとても綺麗で明るい感じです。


天井のギザギザの物はシュロの葉をイメージしています。

ガウディの設計したものでは、グエル公園というものもあります。

当時バルセロナは、人口が増大し、富裕層向けに邸宅の需要がありました。

そこで、グエルさんというガウディのパトロンでもあった資産家と別荘地を作りました。

結果的には、3棟しか売れずに、現在では公園として開放されているところです。



こちらが公園の入り口、。建物のように柱がありますが、そこが広場になっています。



有名なカメレオン。口から雨水が出るようになっています。



その他、アパートメントも設計しています。

カサ。バトリョ。外壁はずざましい曲線。タイルを貼ってありますが、壊れた破片などのリサイクルです。



2階がオーナーの居住区。




カサ・ミラ。





こんな建物を100年前に設計するとは、その感性のすばらしさに脱帽ですね。

写真を沢山撮ってきました。

私のコレクションに、また、新たに追加されましたが、スペインはまた行ってみたい国の一つになりました。

拍手[0回]

PR

先日、アメリカ西海岸に旅行した時のことです。

アメリカを含む先進国のほとんどで日本人が一番わかりずらいのが、「チップ」とう制度でないでしょうか。

たとえば、レストランに入って食事をした時。

案内係のような、おそらくホール責任者と思われる人が席まで案内してくれます。

基本的に「どこにでもお座り下さい」ということはないと思います。

自分が、眺めのいい席に座りたいなーと思っても拒否させることがあるようです。

この辺から日本人には理解できなくなります。

そして、別の担当者が現れ、メニューを持ってきます。

料理が決まり次第に、注文をします。

我々の席の横を通った人に、「エキスキューズミー」と慣れない英語で声を掛けます。

「イエス」とって去って行ってしましました。

「どうして?注文したいといことが分からなないのか?」

ほどなくして、最初にメニューを持ってきた人がきます。

慣れない英語交じりの日本語で注文します。

「OK」と言って去っていきます。

注文の品が運ばれてきました。やはり、メニューを持ってきた人です。

食べ始めます。

途中で何度か「おいしいですか?」と聞きにきます。

「イエー、ベリーグッド」と言わないといけないようです。

食べ終わった雰囲気を察して、レシートを持ってきます。

カード支払いの場合は、一度持ち帰ります。

数字(125ドルとかという請求額)を確認したあと、「サービス料」を計算します。

このサービス料は州によって違うようで、大体15%程度を目安にしていたほうがいいようです。

この場合、20ドルでは多いので、19ドルを足して、144ドルとレシートに書いて現金、もしくはカードで支払いをします。

程なくしてレシートを取りにきます。

これで決済終了。席を立ちます。

このシステムで日本人の心配な点。

(1点目)
・カード支払いをしたが本当に自分が書いた数字で決済されるのだろうかということ。

今回の場合は、144ドルですが決裁したレシートは見ていません。

日本に帰ってから確認するしかありません。

非常に不安です。

(2点目)
・私たちが座った席の担当者が、私たちの注文、料理を運んでくれたようです。

明確に区別されていて、その担当者の懐にどうやら「サービス料」が行くようなのですが、どうやってそれが決済されているのかということ。

どうでもいいことですが、大変不安になりました。


このサービス料というもの。

日本人は最初からレシート上で計算された「サービス料」や「席料」などしかわからず、自分で計算して出すという厄介なことにも慣れず、そのサービス料もお客のいい値で決まってしまうことへの理解が出来ないこと。

ガイドさんにも渡さないといけないということにもなっています。(その案内をした紙がバスにありました)

私たちは個人旅行でしたので、サービス料を払わなければなりませんでした。

街角にある、カードでキャッシングしてくれる機械で現金を調達しなければならない羽目になりました。

本当に厄介!!

ああ、日本で生活していて良かったーとつくづく思いました。

拍手[0回]


今月9月11日から10日間の予定でアメリカ西海岸へ行って参りました。

今回は個人旅行で、飛行機の手配、ホテルの手配も全て自分たちで行いました。

今は本当に便利な時代です。

ネットに個人旅行を支援するところがあり、そこで条件を入力すれば簡単に手配できます。

今回私たちは、富山空港からアシアナ航空で韓国インチョンに行き、サンフランシスコに行くという方法を選択しました。

羽田経由、成田経由ということも検討はしたのですが、金額と日程のロスの面で有利でしたのでこのルートに決定しました。

それと富山空港は無料の駐車場があり、非常に便利です。

インチョンからサンフランシスコに行く時の航路がちょうど岐阜県高山付近を通過していたことには驚きました。

韓国からのアメリカ本土、ハワイへの航空路となっているのですね。

アメリカの印象ですが、とにかく広大だということ、さまざまな人種が住んでいて統一することのむずかしさを感じたことと、アメリカは経済大国ではありますがそれ以上に農業国であるということを感じました。

戦前の日本がアメリカと戦うということがいかに愚かなことだったのかも痛感させられました。

観光で国立公園を訪れたのですが、ヨーロッパの人、メキシコの人などが大勢いましたが、その観光客の持っているカメラは全て日本製。

首にかかっている「ショルダーストラップ」には「CANON」「NIKON」「SONY」の文字がありました。

なんとなく不思議な感じになりました。

車両は、サンフランシスコのタクシーにトヨタプリウスが採用されていることにもびっくり。

やはり日本はモノづくりのくになんだなーということを感じないわけにはいきません。

アメリカ本土はいつか行く機会があるとは思っていましたが、もう少し前に行っていれば私のアメリカ感も変わっていたかもしれません。

旅の途中の店のレジで発見したもの。

DSC08299_R.jpg
 東関東大地震への募金を呼びかける箱です。

 こんな遠くの土地にまで来て、日本の自然災害に対し募金を呼び掛けていることにびっくりしました。




アメリカで忘れていた日本の現状を思い出すものとなりました。

拍手[1回]


今日は19日水曜日ですね。

いやはや、早いもので1月も後半になります。

先週末から降りだした雪も小康状態になり、一段落したような状態ですが、日曜日から月曜日にかけては相当降ったのではないでしょうか?

と、人ごとのようにいっている理由があります。

そうです。私は13日から17日朝まで日本にいませんでした。

毎年恒例になっているのですが、「グァム」へゴルフに行ってきました。

DSC00946_R.jpg当社取引先でもあります、「レオパレスリゾート」に総勢6名で行ってきました。







DSC00843_R.jpg
当社からは4名でした。







DSC00849_R.jpg当社社員の華麗なるスゥイング。

ビハインドザボールで決まっています。

(スコアーは聞かないでください)




DSC00881_R.jpgオプショナルツアーでは、サンセットクルーズに行きました。

残念ながら、夕方から大雨で、洋上に出た時には雨は上がってきたのですが、水平線に沈む太陽は見ることが出来ませんでした。

(クルーザーの上でポーズをとって・・・)



DSC00888_R.jpg
タイタニックのポーズもしました。

男同士ではきまりません。





DSC00898_R.jpg
その後、食事をとってポリネシアンショーの観覧。

船で女王様が登場してくるシーンです。





DSC00900_R.jpg
池の向こう側にステージがあり、そこでダンスを見せてくれています。







DSC00930_R.jpg
最後のほうにファイアーショーがありました。

当社社員が選ばれ、舌を付けるところです。

本人は相当熱かったようですが、無事でした。


ゴルフは3日間、3ラウンドしました。

3日目が本戦ラウンドだったのですが、スコアーは1日目が一番良く、3日目が一番悪い結果となりました。

練習の成果が全く現れず、新ペリアにも恵まれず、30位。飛賞をもらっただけとなりました。

日曜日、ラウンド中に、「富山で30センチほど積雪がある」という報告を受けていました。

いま、汗をかきながらゴルフをしている自分にとりましては、全く想像もつかない状態。

月曜日11時頃にセントレアに到着したのですが、名古屋高速が通行止めになっているとの案内にこれまたびっくり。

知多半島から、名古屋市内を下道で走り、一宮インターから東海北陸自動車道経由で富山に到着したのが夕方5時30分ごろ。

途中、白鳥高原周辺は圧雪状態。

60kmぐらいで走行するのがやっとでした。

富山平野に入ったときには、高速道路も一般道にも雪がなく一安心。

雪の中、無事に帰れたことを感謝したものです。

いやはや、常夏のグァム。雪の情報を聞いた時には、このままグァムに住みつこうとおったぐらいでした。

雪はこれからが本番。

あまり降らないことを祈るばかりです。


拍手[0回]


5月2日から5日までの予定で、成長著しい中国へ旅行に出かけました。

今回は、万博が行われている上海ではなく、「北京」でした。

db4a1cda.jpeg
4月になってから旅行を決めたので、キャンセル待ちをしてやっと行くことができました。

中部空港から天津空港へ。

高速道路で北京へ。

0c17b2d0.jpeg本当は北京空港に飛びたかったのですが、キャンセル待ちだったのでこのような工程になってしまいました。

帰りは新幹線に乗りました。




旅行の内容はさておき・・・・

感想を書きます。

まず驚いたのが、車の多さ。

しかも、交通ルールはあるのでしょうがひっきりなしに車線変更をくり返します。

少しでも早い車線があれば車線変更。

片側4車線でも路側帯を利用して5列になって走ります。

左折するときも直進車が来ても突っ込んでいきます。

車は泥だらけ・・・・

バスや、トラックも同じように汚れています。

車検制度がないということで、高速道路では故障車が渋滞を作ります。

観光バスでさえ故障して路肩や走行路に止まっています。

車は走ればいい。そして故障が少ない日本車が一番人気だそうです。

(整備しないわけですから・・・)

また、いたるところにはごみが落ちています。

中国人は、朝食と昼食を時間通り食べないそうです。

そのため歩きながら、休みながら何かを食べます。

その、包装したビニールや竹櫛などをそこらに捨てます。

何のためらいもありません。

煙草もそこらに捨てます。

ま、掃除をする人がいたるところにいて、ごみを拾っているのですが、間に合うわけがありません。

食べ残しも捨てます。
2e19027f.jpeg

スターバックスに入ったのですが、日本人やアメリカ人は食べ終わった空の容器はごみ箱に捨てて帰りますが、中国人はそのままにしておきます。

本当にマナーが悪い国です。
8f4504f3.jpeg

中国。5年以内にはアメリカを抜いてGDP世界一となるといわれています。

ホテルやマンション、大型の商業施設などがまだまだ建設中ですし、国の勢いを凄く感じました。

しかしながら、どこかの首相が「美しい国、日本」とおっしゃいましたが、中国にはそれがありません。

やたら大きな建物や道路を建設して見栄えばかりを追求しているような感じです。

324f2386.jpegやはり、日本より30年ぐらい遅れているのでしょうかね?

しかしながらその日本を追い越そうとする力は感じた中国旅行でした。
6c4eaac8.jpeg
 

拍手[0回]


09c2188e.jpg

LPGAステップアップツアープロアマ競技参加

2日間のプロ競技の後、プロアマ競技がありました。
 
右の写真は、最終ホールのスコアーボードです。






プロと2日間、ラウンドしてそのトータルで表彰するというものですが、チーム競技でした。

4人の打った球で一番いい場所からまた、各々打っていくというものです。

ですので、一番いい場所からいつも打てるのでバーディーがたくさんでます。

我々のチームは、14アンダー。

すごいでしょう。

でもすごくない。

優勝チームは24アンダーでした。
 

プロとアマに違いを発見。

アマは、10回のうち5回ぐらいはナイスショットできますが、プロは、10回のうち9回はナイスショットできます。 

この違いが大きい。

パターは2パットでいい。

アプローチは確実にオン。

ドライバーはそこそこ飛べばいい。

ということです。

練習します。


 

拍手[0回]


1月18日から21日まで「株式会社レオパレス21様業者会」でレオパレスリゾートグァムへ

行きました。全国から業者約320名程度、集合。2日目にリゾートの施設を利用して「スポーツ大会」

を行いました。私は、「ゴルフ」。結果は?・・・・・ま、ご想像にお任せいたしておきます

レオパレス21様からも今後の予定などのお話などを聞き、21日夜に富山に着きました

行かれた方もあるかもしれませんが、このリゾートはすごく広い。グァム島の約3%を占有して

本格的な野球場、ソフトボール場、サッカー場、競技用プール、ゴルフ場(36ホール)、テニス場

など、プロ、アマ問わず合宿に使われているところです。

コンドミニアムもあり、長期滞在している日本人も沢山います。

機会があれば是非、皆様も行ってみてはいかがでしょうか?

これからの滞在型バカンスを楽しめると思います

しかし、日本人の多いこと。皆さん、お金と暇があるのですね? 日本人の底力を感じます
ゴルフ場のカートです。2人乗りで、ガソリンエンジンです 何の花か判りませんが、花はどこにでも咲いていました ゴルフ場の中にあった道路。何かアメリカンという感じですね 最終ホールからホテル棟を望む。池が見えて絵になる処です

拍手[0回]


05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 6 7 8
11 13 14 17
18 19 24
25 26 27 28 29 30
[06/23 Cat Tales]
[06/22 tailor made suits hong kong]
[06/22 田舎の便利屋社長が行く 従業員の追加です US]
[06/21 Deutschland田舎の便利屋社長が行く 従業員の追加です]
[06/21 Deutschland田舎の便利屋社長が行く 従業員の追加です]
[06/21 田舎の便利屋社長が行く 従業員の追加です]
[06/21 田舎の便利屋社長が行く 従業員の追加です]
[06/21 Freerealmedia.com]
[06/21 Adidas ultra boost]
[06/21 Miguel]
[06/21 bokep smp]
[06/20 freerealmedia.com]
[06/20 freerealmedia.com]
[06/20 freerealmedia.com]
[06/20 freerealmedia.com]
HN:
伊勢 徹
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
 | HOME | 
Copyright ©  -- 田舎の便利屋社長が行く --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ