忍者ブログ

田舎の便利屋社長が行く

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎で便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

富山市岩瀬に枡田酒造という酒蔵があります。

昨年、富山経済同友会で古代米を植え、収穫しました。

一部はごはん用で皆様に配りましたが、本来の目的は「古代米で酒を造る」だったのです。

赤米と黒米で試します。

先日に米を洗い、朝6時ごろから蒸し作業が開始されました。



蒸し上がりました。米の色を見て頂くと、赤いですよね。黒米も赤米も同じ色になっています。米はとっても固い状態です。



機械から米が出てきました。それを酒になる大きな容器に入れます。





入れた米と麹を混ぜます。私も撹拌してみました。



麹の漬かった古代米。



参加して頂いた方と記念写真。



麹を作っている部屋にも入らせて頂きました。触るととっても固い。芯が残っている感じです。

  

この方は杜氏の方。まだ若い方だったので少しびっくり。



約1か月ほどすると、お酒の出来上がり。それを下の機械で搾り上げます。



これは昨日搾った後に残った「酒粕」を取っているところです。

この機械は1日で搾れてしまう優れもの。私たちがよく見る袋に入れて重しをかける昔ながらのやり方だと2~3日かかるそうです。

今日の朝は暖かく、最低気温も5~6度でしたが、この時期が一番良いということです。

さて、その出来上がりは如何でしょう。3月下旬が楽しみです。


拍手[0回]

PR

男はそうでもありませんが、女性は太古から「買い物」が好きなようです。

スーパーに買い物に行く、デパートで買うものがなくても楽しそうにウィンドショッピングをする。

男の買い物は、10分で終了しますが、女性の場合は2時間あっても決まりません。

この間、妙齢な女性のお客様とお話しをしていた時のこと。

80歳になる母親が、テレホンショッピングで買い物をして、同じものが沢山家にあるといって困ってらっしゃいました。

日中でも、夜中でもテレビを見ていて欲しいと思ったら、即電話をして買うそうです。

見つけたら返品していますが、どうも買い物自体が好きなようです。

現在、このかたは足が不自由で、自分だけで買い物に行けません。

そこで、ついついテレビショッピングにハマってしまっているのかもしれません。


健康な私たちはどうでしょうか?

会社の備品購入のほとんどは「アマゾン」です。

電気製品や洋服、小物もネットショッピング。

リアル店舗で買い物もしますが、レアな商品や色などを求めると、店舗にはないことも多く、必然的にネットショッピングとなってしまいます。

アスクルの倉庫が全焼しました。

東京ドームと同じ広さで、全ての商品が使い物にならなくなりました。

会社の方で、迷惑をこうむっている方も多いと思います。


「リアル店舗の終焉」

全国にある店舗で、ネットに押され、閉鎖するお店は今後、増加する。

このことには間違いないと思います。

私たちのような業種はどうでしょうか?

リフォーム業者は、ショールームを持ち、土日開店して、お客様をお迎えしています。

(当社にはショールームはありませんが・・・。)

10年後、私が思うには、ショールームは必要なくなると思います。

どうしてか?

ショールームの代わりをネット上で解決する時代が来ると思うからです。

現在でも、メーカー製品の指名買い(取り換え)が増加しています。

その方は、ショールームで見たのではなく、メーカーのホームーページや評判を参考にして、製品を決定しています。

色の最終確認は現物を見ないとわからない場合がありますが、機能や価格はネットで十分に判断できます。

また、ネットなので時間の制約がありません。


どうでしょう。リアル店舗の終焉の始まりといっても過言ではないのでしょうか?

IoT関係に富山県は無利子の融資枠を付けるそうです。

工業関係だとは思いますが、その後に来るのは、サービス関係、販売関係になるのは歴史が教えてくれています。

リアルは無くなる運命です。


拍手[0回]


富山県八尾町。毎年9月1日から開かれる「おわら風の盆」には、20万人以上の観光客が全国から訪れます。

その期間周辺は賑わいがありますが、冬は閑散として、観光客もいません。

そんな状況を打破しようと、今年で20年になる「おわらと屋台ばやしの共演」を見学しました。

夜には、石垣をライトアップするということも行われており、日曜日の夜、撮影に出かけてきました。





夕方6時ごろから暗くなって、撮影開始。

家々の明かりが灯るようになるまで、待ち続けます。

井田川の堤防には時折、車が通り、20秒ぐらいのシャッタースピードにすると、赤い光や白い光がつながって見えます。

光の量は多くなく、露出時間を多めに取った方が良い感じでした。

今回は「べた」なアングルでしたが、今度機会がありましたら、別の角度で撮影してみようと思います。









拍手[0回]


今日は低気圧の通過があるせいで、強い風と雨が降っています。

寒冷前線がまともに引っかかっており、夕方からは雪も予想されています。

20日は前日からの雪があり、朝方は道路がバリバリでした。

日中は日が差したので、5センチ程度積もった雪はすぐに融け、昼ごろは暖かくも感じたほどです。

2月も末に入ろうとしていますが、まだまだ春は遠いという感じです。


アパートの外壁塗装をしている現場がありますが、今日はお休み。できるような天気ではありません。

今月末までには仕上げたいと思っていたのですが、どうやら3月までずれ込む可能性も出てきました。

室内のリフォームは全く影響がないので順調に進んでいます。


さて、アスクルの三芳町の工場から火が出て、4日目の今日も鎮火の目途が立っていないようです。

私、この仕事を始める直前まで、大井町という三芳町の隣の町に会社がりましした。

関越道三芳パーキングという、関越に乗ったら最初のパーキングがあります。

火災現場はそこから直線距離で2kmもないと思います。

この周辺は昔の「武蔵野」の面影が残る場所です。

街道沿いに家がぽつりぽつりとあり、その家の奥に畑が広がっています。

そして畑の奥には雑木林があり、葉っぱをたい肥にしています。

雑木林はそれだけでは足りないので、奥に行けば行くほど雑木林が広がっているのです。

その場所に、近年、倉庫が立ち並び、昔ながらの雑木林がなくなりつつあります。

関東ローム層が堆積した、畑しかできない田舎です。

農家は、土足のまま、台所、トイレに行けるようになっています。

外には外トイレがあり、靴が泥だらけでも用を足すことが出来るようになっています。

ここ富山でそのような家を見ることはありません。

農家を止めた家が倉庫業をはじめているような状況ですね。

そんなところで発生した火災。

事務用品を含めた商品がずべて燃えているわけですから、燃え尽きなくても商品は使い物になりませんよね。

段ボール付近から火災が発生したという報道もありますが、熱を浴びた鉄骨は、もう使い物にならないでしょうね。

莫大な損失が発生すると思いますが、どこまで保険で対応できるのかも、興味があります。

その地域を知っているものとしては、早く鎮火してくれることを祈るしかありません。




拍手[0回]


友人夫婦からのオファーの応えて、沖縄へ行ってきました。

富山にはまだ、雪が残る日、南国沖縄はさぞかし暑いだろうと思っていましたが、長袖でないと寒いくらい。

島ん中の人たちもダウンを着ている人もいました。

守礼の門。お決まりの観光スポットですね。





首里城は「世界遺産」になっています。どこが遺産なのかと言いますと、この下の遺構なのです。

ちょうど上の写真の中央、床下にある昔の土台が指定されています。

首里城は、世界大戦の時に消失していますので、建物ではないのですよね。



琉球村にも行きました。



戦前からある古い昔ながらの家を島から移築し、展示してありました。

10年ほど前にも7行きましたが、「ハブとマングースのショー」がありました。

現在では、動物愛護の観点なら中止されていましたが、前はやっていましたね。

水牛。サトウキビから汁を取るのに、昔はこうしていたということです。





広場では、沖縄の伝統芸能を披露していました。



ここは、ブセナというサミットが開催された場所。



さて、旅の目的は、ゴルフでした。

富山は行きな残り、どこも出来ません。

そんなときに、沖縄でラウンドできるとは、夢のようなことです。

スコアより、出来たことに感謝ですね。



拍手[1回]


富山は田んぼの雪が消えて、立春、という感じでしたが、どうやら週末は雪になりそうです。

今週前半は、ちらちら降ったのですが、気温が高めで推移したせいで、道路も雪は積もらず仕舞い。

去年の今ごろも、夜から朝にかけて10センチ程度降っていました。



私の今までの経験で言わせて頂ければ、雪のピークは2月10日前後まで。

それ以降に降ったとしても、大したことはなく、すぐに融けてしまいます。

ということは、今回、積雪になったとしても、これ以上の積雪に繋がることはないということになるはずです。

さて、その通りになるのでしょうか?

拍手[0回]


鉄骨3階建て住宅の「大規模改修工事」を1月中旬からしています。

築30年。当時は断熱材はありましたが、それほどの効果がない代物です。

窓はアルミで単板ガラスが主流の時代。

夏は暑い、冬は寒いと言った住宅で、家の中は外と同じ環境になることもしばしば。

幸いなことに基礎や鉄骨はまだまだ使用できるので、今回、大規模リフォームをすることにしました。

1階は車庫と納戸、玄関になっており、今回のリフォームから外しています。

先ずは3階の主寝室と子ども部屋2部屋の方から始めました。

 

外壁と室内の間に吹きつけ発砲断熱を採用。

壁との隙間がなくなり、マホービンの中に入ったような感じになりました。

そこへ仕切りを取り付けていきます。



床はチークの無垢材を貼っています。床暖房は使用しません。理由は、寝る部屋だということ、勉強する部屋だということです。

エアコンで十分だと思います。

南西に面した主寝室の窓。

天井まである窓ですが、この面積が断熱を阻害します。

内装工事が終了した時点で、内窓を取り付ける予定です。



この住宅は真ん中に階段があるという家で、階段が「煙突」のような役目をしています。

冷たい下からの冷気は3階の部屋まで押し寄せてきます。

そこで、3階に上がった踊り場で、仕切りを設け、部屋まで空気が来ないように工夫をしました。



これにより、空気の流れが階段だけで起き、部屋までは影響を及ぼさないと思われます。

3階は部屋だけなので、比較的、早く終了すると思いますが、問題なのは2階。

水廻りとリビング、そして高齢になったお母さんの部屋があります。

2月10日過ぎから取り掛かる予定ですが、時間が掛かりそうです。

今回は、内装や設備、トイレ、ふろ、キッチンが建設時のままで、老築化していたことも幸いしています。

2階の改装が始まりましたら、また、ご報告いたします。

拍手[0回]


今日は、肌寒さが残る一日でした。

明日からまた、雪が降る天気予報になっています。

今週の最低気温はマイナス3度。立春を迎えたと言うのに真冬に逆戻りの日々が続きます。


そんな中、リフォームや新築の出足が良いそうです。

1月、2月は寒く、雪も降りますから、住宅の改修や新築といった話から遠ざかるのが通常ですが、どうやら今年は先週の春めいた気候にうながされたのか、早めに行動が始まっているようです。

当社はどうかというと、やはりそのような傾向がみられる感じはしていますが、ではそんなに多いかというとそれほどではないというのが実態です。
 
今週には、富山情報での折り込みチラシを配布する予定です。

今回の特集は、「暖かくしよう」です。



お風呂をユニットバスにして快適にする、内窓をつけて断熱するなど、即効性のあるものばかりです。



ちょこっと工事も多数掲載しています。

見られた方は、どうぞご検討願います。

拍手[0回]


今日、2月3日は「節分」です。

昔から私たちは「鬼退治」ということで、豆をまきました。

「鬼は外、福は内」と言いながら家中にまき散らしたものです。

立春の前の日、冬と春を分ける時、節分、と言うことですが、実は節分は1年に4日あります。

そうです。季節の変わり目の時、立春、立夏、立秋、立冬の前の日、と言うことになりますね。

その中で一番世の中で有名なのが、立春前の今日ということになります。

豆まきの行事に最近、割り込んで来たのが「恵方巻」です。

大阪では習慣があったということですが、私たちには馴染みがありませんでした。

7種類の具材を巻いた太巻きを、恵方に向かって食べると何事も吉になると言いうことです。

願い事を思いながら一気に食べてしまうのが習わしとされています。

今年の方角は、北北西。

夜には豆まきと太巻きを食べる家で、騒がしくなることでしょう。

さて、我が家はというと、子供たちが巣立ってからというもの、豆まきもいい加減です。

恵方巻などとんでもありません。

今日の夜、我が家は通常通りの夜となることでしょう。


拍手[0回]


今日の富山は、朝から雪。10センチ程度は積もったのではないでしょうか?



昨日とは大違い。やはり、富山は雪国です。


さて、最近、SNSで大学時代の友人とつながることが出来ました。

九州、福岡の友人が私の会社のホームページから私のブログへアクセスしてくれ、そして、フェイスブックでつながりました。

そこへ、もう一人の友人が参加。

メッセンジャーを通してしか会話をしていませんが、この夏に会おうということになりました。

いやぁ、大学時代からですから、実に30年ぶりの再会を果たすことになります。

4人の仲間がいたのですが、後の一人はとはつながりません。

しかし、住んでいる場所は判ります。

家業を継いで、現在も長野にいます。

4人で再会することになりそうです。

皆さんもこのようなことはおありだと思いますが、本当にいい時代になりました。

50歳も後半になってきますと、子どもたちが巣立ち、夫婦だけになります。

いつも2人と言うのも良いのでしょうが、無性に昔の友人と話をしたくなります。

無責任な学生時代に出会った友は、現在までどう過ごしたのか?

そして、現在、良い人生を送っているのか?

話しをして、30年間の空間を埋めながら、楽しいお酒を酌み交わすのも良いと思えます。

夏が楽しみになってきました。





拍手[0回]


01 2017/02 03
S M T W T F S
4
5 7 10 11
12 13 14 15 16 17
19 24 25
26 27 28
[02/26 Vacuum Cleaner]
[02/23 Curry 2]
[02/21 Lasonya]
[02/19 Bedava Bonus Veren Bahis Siteleri]
[02/16 http://202.118.236.189/]
[02/16 http://202.118.236.189/]
[02/14 Kiersten]
[02/12 Chrinstine]
[02/04 ゴールデングース コピー]
[02/01 ウブロ スーパーコピー]
[12/05 名無しのリーク]
[10/23 タグホイヤー コピー]
[10/22 モンクレール コピー]
[10/21 モンクレール maya コピー]
[10/07 モンクレール 2017 コピー]
HN:
伊勢 徹
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
次のページ>>
Copyright ©  -- 田舎の便利屋社長が行く --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ