忍者ブログ

田舎の便利屋社長が行く

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎で便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

先日、「てるみくらぶ」という旅行会社が倒産しました。

負債総額は約151億円。年商は200億円ほどだった会社の倒産は、取引会社はもちろん、旅行を申し込んでいた一般人にとりまして、とても耐えられないと思います。

旅行を受けている金額は99億円。中には複数の申し込みをしている人もいるらしく、約8~9万人が被害を受けたことになるそうです。

山田千賀子社長は、申し訳ないと頭を下げていらっしゃいましたが、倒産するということを思ってもいなかったと釈明しておられました。

週末の約4億円の航空料金の入金が出来なくなり、倒産となった訳ですが、元々自転車操業であったことの認識はあったはずです。

私にもよくわかりませんが、旅行会社は支払い先行型のビジネスではないはずです。

私たちが旅行予約やJR、飛行機の予約をした場合、現金と引き換えか、クレジット決済を済ませて、その権利確定となっているはずです。

と言うことは、先払いということですよね。

ではなぜ?と言うことですが、どうやら格安航空券の取得が難しくなって、その分の負担を強いられていた可能性もあります。

昨今の航空機は、機体が小さくして、空席をなくす努力をされています。

たとえあっても、インバウンド効果で外国人が直接、航空会社から購入してしまいます。

昔ほどメリットはなくなったということです。

私も、最近、ゴールデンウィークの宿予約をしようと、ネットで調べました。

5月は空室がほとんどなく、あっても馬鹿高いのばかり。

赤日を外せば、宿泊費は3分の一になるホテルもあります。

何もしなくても満室になる日は別として、平日の閑散期に安く売る手法はホテル側にとっては生き残りの手段でもあります。

それ自体は悪いとも思わないし、私たちも十分に享受しています。

私は今回のことで一番憤慨するのは、経営者は債務超過になってしまっているのにも関わらず、現金欲しさに格安を売りに商売を続けていたことです。

利用する客もホテル、航空会社側もWINになっていません。

高齢者向けの旅行も企画したり、国内旅行も企画していたそうですが、倒産の前にもっと打つ手があったような気がします。

馬鹿を見たのは、利用者だけなのかもしれません。

唯一の救いは、中国や韓国でこのようなことが起きたら、暴動になっていたと思いますが、日本人はしないことですかね。



拍手[0回]

PR

東京で桜の開花がありましたが、今日は全国的に冬模様。桜の開花は止まっているでしょうね。

富山も今日は雨ふりで、8度ほどまで上がったようですが、寒い一日となりました。

3月もあと少し。

私が入会している会から、人事異動の話やら役員変更の話やら、続々と伺うようになりました。

任期が全うすると、次の方がおやりになるということもありますが、転勤、異動に絡み、変更されることもあります。


私自身で言うと、富山法人会の五福支部と言うのがあります。そこの理事を引き受けました。

みらいロータリークラブでも、7月から理事をすることになっています。

富山経済同友会でも、なんだかやってくれという話がありました。

自分でどれだけの社会的な会の役員をしているのか、わからなくなってきています。

もう若くはないという証拠と言うことで、頼まれた役で、余り負担の掛からない役であれば引き受けるようにしています。


大学の卒業式が終わりました。

これで、年度末を迎え、4月からは入学式のシーズンとなります。

私の子供は、既に社会人となっており、この手の話題には疎いのですが、友人の中にはまだ、中学生がいるという人もおられます。

そして自分自身の異動。県内であれば問題ないのですが、東京や大阪など遠方の場合は単身赴任で大変です。

人生の岐路の3月。

新天地で皆さま、頑張ってほしいものです。


拍手[0回]


3月末仕上がりで進めています、大規模リフォームは2階部分の仕上げがピークを迎えています。

先ずは解体。



断熱材。ところどころ落下しており、断熱効果などはなかったということが一目瞭然ですね。



キッチンも撤去。



30年間住み続けていた部屋と、お別れです。

内装は全て取り外します。

室内から発砲ウレタンを吹きつけます。これで外壁からの熱は防げます。



大工工事で床を仕上げた後、床暖房を敷きつめます。



ちなみに床は断熱材を敷くためと配管スペースのために、階段1段分かさ上げをしています。



階段のステップが1段追加され、回りやすいように斜めにしました。

台所の木工事。対面式のキッチンが設置されます。



ボードを貼りつけた部屋から壁を仕上げていきます。



良い感じに乾いてきています。



和室は聚楽。洋室は珪藻土仕上げとしました。左官屋さんが下地塗りをされているとことです。

ユニットバスもスタンバイ完了。



作業台のところはトイレになります。

そして今日、キッチンの設置となりました。まだ養生中です。



あと1週間。大工工事はほとんど終了し、左官屋さんとクロス屋さんが入って、トイレや洗面の設置、クローゼット、仕切り戸などを取り付けていきます。

おっと、電気工事もありました。

3月末までには、必ず完了させます。

拍手[1回]


明日は小学校の卒業式。春休みの始まりです。

3月も残り1週間となり、企業や官公庁の人事異動の時期となります。

お子様をお持ちの方は、春休み中に引っ越しを済ませ、新しい住まいへと移ります。

全てが動く時、当社はピークを迎えます。

人が動くとお金も動く。

部屋の清掃や不用品の処分、引っ越しなどの仕事が一気に発生します。

学生さんのアパートは粗方退去して、新入学生を迎え入れるだけになっていますが、家族持ちの方はこれから。

春の忙しさはこれからがピークです。


拍手[0回]


申すまでもありませんが、SNSでのトラブルでお困りの方も多いと思います。

先週ですが、私の知り合いの方が怒っていました。

よく聞いてみると、その方のSNSの投稿が「うざい」ということらしいのです。

SNSは一般に公開しているものもあれば、仲間内しかみれないものもあり、記事の内容により、使い分けている方も多いと思います。

自分のことを知ってほしい、会社のPRを兼ねていると言った方は、一般に公開していると思いますが、その内容がまた問題です。

自分の子供の写った写真を堂々と投稿している人は、その子の人権というものを無視しているとしか言いようがなく、また、犯罪につながる恐れもあるかもしれません。

自分のことを知ってほしい方は、積極的に投稿されています。

その内容がまた問題。

余りにも自慢話のような内容であれば、飽きられるし、嫌みになってしまいます。

また、仕事の内容ばかりだと嫌気がさしてきてしまいます。


現在、フェイスブックなどは、若者離れが起きています。

高齢者の使用が多くなり、昔の友人を探し当てたり、イベントやクラス会の案内に使ったりして、有効利用している話を聞きます。

しかし一方で、トラブルも多発していることも事実。

毎日毎日、余りにも多く投稿するのも考え物。

同じようなジャンルのものを投稿するのも、問題。

FB友人の中で、「この投稿を最後に、投稿するのも、閲覧をるのも止める」と行動した方が増えつつあります。

便利なSNS。

しかし、行き過ぎた投稿や批判はトラブルの元。

気をつけたいものです。


拍手[0回]


3月14日、富山経済同友会の講演会で、千本倖生(せんもとさちお)先生の講演会がありました。

私はこの方の名前すら初めて聞く始末でしたが、第二電電を創業した稲盛和夫さんと創業された方という、とても有名な方だったのです。

先生は京都大学出身で、旧日本電信電話公社に入社。部長という管理職として42歳まで登りつめた時、「これからは無線通信の時代だ」という強い思いを持たれたそうです。

その件を社内で話しするも聞き入れられず、当時「京都セラミック」と言われていた京セラの稲盛社長にお話しを持ち込んだそうです。

その時、社内留保金を2000万円ほど持つ優良企業となっていた京セラですが、その半分を無線の新しい会社に投資しないかと、持ちかけ、実現して「第二電電」という会社を共同創業。

社会からは白い目で見られ、絶対成功するはずがないとも言われたそうです。

現在はKDDIという会社名に変わっていますが、その名を知らない人はほとんどいないまでに成長しています。

その後、DDIセルラー(現在のau),DDIポッケット、ワイモバイルなどを次々と創業。

現在は「株式会社レノバ」というメガソーラー、風力、地熱、バイオマスなど再生可能エネルギー電源の開発を手がける会社の会長として活躍されています。

演題は、「アントレプレナーシップ(起業家精神)について」だったのですが、重要な点を挙げてらっしゃったので、それを書き込んで終わりにいたします。

1.新しいトレンドは何か?世界全体を見て判断せよ。

  経営者自ら現地に出向き、見識を広めることが重要。

2.強烈なチームを作る

  用意周到に計画書を作る。(ビジネスプラン)。どこに問題があるのかを最初から想定して置くこと。

3.リスクを取る

  経営者は「怖がり」でないとダメ。慎重な人ほど成功する。

4.イケイケどんどんは失敗する

5.判断に迷うとき、元の地点に戻る

  「原点返る」。これは社会のために役立つことなのか?

6.一旦決めたら、徹底的に実行する

7.これからのトレンドは「グリーンエネルギー、バイオマス、洋上風力」

8.「世界を見ろ」

  人には3つのパターンがある。

  一つ目。「何が起こっているのかわからない人」<5割>

  2つ目。「起こっていることは理解できるが、行動しない人」<4割>

  3つ目。「メイクットハプン」行動する人。<1割>

新しい事業をするには、「どのような人と出会うか?」。

どのようなマネジメントチームを作るか?強烈なマネジメントを作れるか?

決してワンマンは必要ない。

参考にしていきたいと思います。

拍手[0回]


先週、富山経済同友会の研修旅行で、「ANA機体メンテナンスセンター」の見学に行ってまいりました。



ここは誰でも見学でき、ネットで予約可能です。

今回は特別予約で、社員の方の説明付きでした。役得です。



丁度、787が整備中でしたので、787を中心に写真を撮影しました。





エンジンはやはり大きいですね。内部も複雑な管が沢山。エンジンの中心2割がエンジンの吸入口となり、残りの8割はそのまま後ろに空気が流れるそうです。

前から吸入した2割の空気に燃料が混ざり、燃えて推進力を生み、前の羽と繋がっているシャフトを回し、羽が回る構造だそうです。



タイヤは以外にも小さく、この大きさで機体を支えていると考えると、不思議になりました。



外を見た写真。



2時間ほどの見学でしたが、このような施設を見たこともなく、感動のしっぱなしでした。

日中は整備している社員の方が少なく、深夜からの作業なのでしょうね。

毎日夜、羽田に戻ってきた飛行機を、決めたれた飛行時間で点検をして、翌日のフライトに備えるということを、毎日行っているのでしょうね。

安心安全を支える整備の裏側を見る機会に恵まれたことは、貴重な経験となりました。

皆様も機会があれば、見学してみては如何ですか?

拍手[0回]


6年前、東北で地震が発生。

午後2時46分。

私はこの時、富山刑務所で見学会を終え、説明を受けている最中でした。

富山は体に感じる地震はほとんどありませんが、刑務所の事務所は頑丈と言うのにも関わらず、随分揺れを感じました。

その後、大地震が東北で発生したということを刑務官から聞き、早めに切り上げて車で帰りました。

車の中でテレビをつけ、NHKのアナウンサーが説明をしていました。

会社に帰るなり、テレビをつけたら、今度は津波の映像。

人や車、家が飲み込まれる生放送を見て、「これは大変な災害だ」と思いました。

その後、どうやら原発がやられていると情報が・・・。

津波も大変でしたが、原発の方がもっと大変な事態になっていくのが映像に映し出されてきました。

「メルトダウン」という聞きなれない言葉。

翌日には水蒸気爆発した映像も・・・。


あれから丸6年。

富山はその時、とても寒かったのを覚えています。

復興は徐々にされているとは言え、その道のりはとてつもなく長い時間が掛かります。

今週、出会った方に、発生当時どこにいたかと言う話を伺いました。

ある方は、東京の品川のほうのオフィスにいて、強い揺れで隣のビルが自分たちのビルに倒れるのではないかという恐怖を味わったそうです。

帰宅時間になったとき、会社内にいる選択肢もあったようですが、4時間かけて自宅まで歩いて帰ったそうです。

その道すがら、住民の方から「炊き出し」を頂いたそうです。

もちろん無料。日本人の思いやりをつくづく感じたそうです。

特定の誰のためではなく、自分が出来るだけのことをする精神。

非常時に国民性がでるお話しですね。


もう昔のように感じる大震災も、まだ6年しかたっていません。

今一度、あの時の情景、そして必死で生き抜く日本人を思いだす1日にしたいものです。





拍手[0回]


昨日から降り出した雪は、夜には積もり始め、5センチ程度の積雪です。 



庭の木や灯篭は、「わたぼうし」をかぶっています。



今日はお日様も差すようですが、時折雪もちらつきます。

まさに「なごり雪」。

40年ほど前、イルカが歌った歌詞を今でも覚えていますが、まさに今日のような日に卒業し、恋人と別れていったのでしょうね。

切ない時期です。

今日は、最後かもしれない雪を、嫌がらず楽しんで過ごしたいと思います。

拍手[0回]


3月2日から3日間の行程で、宮崎に行きました。

南国ですねぇ。最高気温は17度。半そではさすがに寒いですが、コートは必要なし。

うぐいすが鳴いていました。

先ずは、「鵜戸神社」に参拝。

  

自然の岩の削れたところに神社がある有名なところ。



岩場にしめ縄がありますが、そこの窪みに赤土で出来た球を投げいれたら良いことがあるとのこと。

なかなか入りません。



その後、青島神社に参拝。鬼の洗濯岩で有名な所ですね。

  

2日目、3日目はゴルフコンペに参加しました。

フェニックスカントリーという、男子プロトーナメントが開催される有名な所と青島カントリーという、景色が良い場所でした。



歴代優勝者のボードがありました。



そして羽田までは、ソラシドエアに初めて搭乗。



LCCで宮崎県の企業が出資している会社です。

機内はテレビ、イヤホンがなく無駄を省いた作りになっていました。

富山へは最終便で到着。

空港から出た途端、上着をはおらなかればならないほど寒く感じてしまいましたが、6度ほどでした。

宮崎は観光と農業の県。

昔、新婚旅行のメッカと言われていましたが、現在では関西方面からの客が多く、そして台湾、韓国の観光客と言った感じに変化しているようです。

お土産は、もちろんマンゴー。と言いたいところですが、季節はずれで売っていません。

お菓子とゼリーで我慢。

そして、鳥の炭火焼きを購入。ビールのおつまみには最適な感じです。

また行きたくなるところでした。


拍手[0回]


02 2017/03 04
S M T W T F S
2 3 4
5 6 9 10
12 13 16 17 18
19 20 21 25
26 29 30 31
[03/29 freestanding gate]
[03/29 extra tall cat gate]
[03/29 高校受験 勉強法 熊本県宇土市]
[03/28 格安 車検 予約 山梨県南都留郡]
[03/28 recikeeps.com]
[03/28 www.top10.lk]
[03/28 child gate for doorway]
[03/27 baby octagon safety gates]
[03/27 tischkicker kaufen berlin]
[03/27 空き家 売却 有効活用 三重県名張市]
[03/27 Chrinstine]
[03/27 空き家 対策 売却 東京都江東区]
[03/26 土地 不動産 実勢価格 千葉県山武郡]
[03/26 群馬県邑楽町 古い家 リフォーム]
[03/26 Acting Classes Ventura]
HN:
伊勢 徹
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
次のページ>>
Copyright ©  -- 田舎の便利屋社長が行く --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ