忍者ブログ

田舎のリフォーム会社社長のブログ

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎でリフォーム、不動産メンテナンス、便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

雪は降らず、道路もアスファルトが目立ってきました。



氷見市の山間部では、水道管が破裂しているようで、家の水が出なくなっています。

ソナーを使って水道管が通る道路を調査していますが、まだ見つかっていません。

空き家も多いとかで、もしかしたら空き家で水漏れが発生しているかもしれませんね。


まだまだ氷点下の日が続きますが、家の凍結を防ぐにはどうすればいいかを書きます。


先ず、給湯器です。最近の給湯器は、電気、ガス、灯油に関わらず、凍結防止機能がついていま

電源を抜かない限り、凍結することは稀ですが、給湯器から家の中に入る管が凍結する可能性があります。

そこで、各メーカーが指導しているのが、「バスタブのお湯を抜くな」です。

外気温が氷点下になると、水を循環させ、凍結しないようにします。

流れがあれば、凍結しないということですよね。

2月いっぱいまでは、お湯を抜かないようにしましょう。


立水栓からの凍結による漏水も見受けられます。

こちらは、水道栓をタオルなどで包み、その上からポリ袋で濡れないようすれば、凍結が防げます。

ポール自体には断熱材が入っていますので、そこまで巻く必要がありません。


外配管にしてある場合ですが、断熱材をチェックしましょう。

劣化でボロボロになっている場合は、取り敢えずタオルを巻き、ラップなどで水がしみないようにしましょう。

長さが長い場合には、当社に電話ください。断熱材を巻きなおします。


まだまだ氷点下の日が続きそうです。ここしばらくここまで寒い冬がなかったので、富山県人は油断していましたが、家のトラブルを未然に防ぎ、あと少し、寒い冬を快適に乗り越えたいものです。

拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
01 2018/02 03
S M T W T F S
4
11 12 13 14 15 16 17
18 20 24
25 26 27 28
[02/24 ecommerce platforms comparison 2017]
[02/23 resume services review]
[02/17 http://bit.ly]
[02/14 Annette]
[02/12 Julie]
[02/07 try spartagen xt]
[02/06 review of essay writing services]
[02/03 damske svetre]
[02/02 thesis writing service review]
[01/30 mold removal]
[01/30 www.yelp.com]
[01/27 best essay writing services reviews]
[01/20 Lucy]
[01/19 Attic Insulation Los Angeles]
[01/19 Attic Insulation Los Angeles]
HN:
伊勢 徹
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
<<藤井聡太さん、5段に  | HOME |  仮想通貨「コインチェック」の不正流出>>
Copyright ©  -- 田舎のリフォーム会社社長のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ