忍者ブログ

田舎のリフォーム会社社長のブログ

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎でリフォーム、不動産メンテナンス、便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

東京高田馬場にいる私の叔母から、「ひ孫が乳幼児で今回の水道の放射性物質の件で水がなくて困っている。富山で購入して東京へ送ってくれないか?」という連絡が入りました。

早速、私の母親が近くのスーパーに出かけてみました所、ミネラルウォーターが一本もなかったということです。

「それであれば、石倉地蔵尊の水を汲みにいけば?」

ということで、キャンプに使っていたポリ容器とペットボトルを持って汲みに行ってもらいました。

午前中比較的早い時間帯だったのでそれほど人はいなかったようです。

それを昨日、宅配便で送りました。


昨日のNHKのニュースを見てみると、大人には全く影響が出ることがないのですが、乳幼児は大量摂取すると甲状腺がんになる確率が高くなるということでした。

その「程度」のことですが、これが私たち消費者にはよく理解できず、「基準値を1000倍も超えて・・・」とか言われると、もう恐ろしくなってしまします。

「大人が飲み続けてもいいんだよ」と言われても不安になります。

お昼過ぎになると今度は目黒に住む私の妹からのメール。

「心配でスーパーに行っても水はない。富山から送ってくれないか?」

という内容でした。

「おいおい、あなたは26日に一時帰富すると言っているじゃないか?それまでの我慢は出来ないのか?」

「それはそうだね。我慢します。」

とった内容でした。

25日現在の金町浄水場の水は飲んでも差し支えない状態になったそうなのですが、やはり不安は残ります。

「風評被害」

叔母のひ孫は一昨日の発表を聞くだけでは「危険だ。このまま値が上昇していけば子どもの将来が危ぶまれる。」という感じになったと思います。

家の将来を想う叔母からすれば、富山にいる私たちにすがったことは理解できます。

しかしながら、私の妹のように確かな情報を聞かずに伝言ゲームのような情報の一部だけが伝わって肝心のところが抜けてしまい、不安感を覚え間違った行動を起こしてしまうことは、よくあることだと思います。

現在富山に戻っている私の長男に、「東京に戻ったら水を飲むか?」と尋ねてみました。

「飲むよ。」という返事が返ってきました。


企業でも「風評被害」に悩まされることがあります。

そのことが原因で倒産してしまった会社もあります。

私たちはこのような状況だからこそ正しい情報を入手して、正しいと思われる行動をしていかなければなりません。

叔母に送った水、20L程度ですが、本当の意味で使われていくことを願うばかりです。


拍手[1回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 6 7
8 9 12 14
15 16 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
[10/18 cheap water softener on sale]
[10/12 Find out Your Destiny!]
[10/09 find Your twin Flame?]
[10/08 penis delay Spray]
[10/07 ecommerce platforms comparison 2017]
[10/07 ecommerce platforms comparison 2017]
[10/06 群馬県の楽器買取なら]
[10/06 ecommerce platforms reviews]
[10/06 群馬県の楽器買取なら]
[10/06 http://2017.buywin.net]
[10/05 http://2017.bjpld8.com]
[10/04 http://www.jpreason.com]
[10/04 headaches please call]
[10/04 dragon ball super vostfr108]
[10/04 http://www.jpreason.com]
HN:
伊勢 徹
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
<<チンドンコンクールも中止  | HOME |  日本人の「和」の心>>
Copyright ©  -- 田舎のリフォーム会社社長のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ