忍者ブログ

田舎のリフォーム会社社長のブログ

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎でリフォーム、不動産メンテナンス、便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

私の知り合いの方から連絡があり、「先日父が亡くなった。葬儀も終了して落ち着いたところのなのですが、父親の物を処分するのは勿体ないので、施設に寄付出来ないか?」というお問い合わせがありました。

その知人の方の父親が亡くなっていらっしゃるとは思わなかったので失礼をしていたのですが、67歳で、半身不随になってから6年ほどあったようです。

若くして半身不随になられたことと、会社創業者と言うこともあり、奥様はきっと歩けるようになると信じ看病を続けられたようです。

そのために購入した品物も半端ではありません。

P2140015_R.jpgP2140013_R.jpg








P2140010_R.jpg
風呂で使用する足の長いイス、風呂にそのまま入ることができる車いす、杖10本、30万円はするだろうマッサージチェアー、ウオッシュレット付簡易トイレ、リハビリ用ベット、障害者用靴、服など2トン車に一杯になるほどの量でした。



これらのほとんどの品物は使うことはありませんでした。

私からみていても本当にもったいないと言ったらありゃしない、という感じです。

早速、知り合いの老人施設施設長に連絡を入れました。

「それは有難い話です。施設におられる方でも生活保護を受けておられる方や、身寄りのない方もおられます。その方々へ使ってもらえますし、施設内でも使用できそうです。施設の送迎用バスで取りに伺います。」

ということで、ご遺族のご要望通り施設で使うことになりました。

今回の場合は、亡くなられた方が比較的若い時に不随になられ、会社経営もされていたことで他の方々がお持ちでないものまで持っていられた結果、大量に施設で使用できるということになりました。


通常、我々がご遺族の要望でお伺いするときには、49日にも終わり、生活が落ち着いてきたころ、形見分けも一通り終了したころです。

必然的に、元所有者には申し訳ないのですが、いわゆる「ガラクタ」の処分ということになります。

たとえば、河原で拾ってきた石を磨いて大事そうにしていたものでも、大量にあれば「ゴミ」となります。

大工道具などは残された人たちにとりましては必要ありません。

また、最近の形見分けは、まずは相続人にとって必要な品物を取り、その後にリサイクルショップに引き取りに来てもらうパターンにもなってきました。

そして本当の意味での「ガラクタ」を処分するということになります。

私たちの仕事は、このような残された人にとって不用である品物の処分ということでは、今回の例でも変わらないのかもしれません。

今回、私どもではご紹介するというだけの無報酬でしたが知人の方にも喜んでいただきましたし、私の知り合い(取引先でもあります)の施設にも喜んでいただいたので、いい御縁を繋がさせていただいたんだなーと思い、このような形で社会貢献できたことはうれしいことです。

拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
6 11 12
13 14 15 16
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[08/18 ヴィトン コピー 国内]
[08/17 シュプリーム 偽物 価格]
[08/16 Jack]
[08/16 バーバリー 偽物 腕時計]
[08/15 essay writing services reviews]
[08/15 シュプリーム リュック]
[08/13 ヴィトン 偽物 通販]
[08/12 モンクレール ダウン 偽物]
[08/11 アレキサンダー マックイーン 偽物]
[08/10 アレキサンダー マックイーン スーパー コピー]
[08/09 シャネル エスパドリーユ コピー]
[08/08 アルマーニ 腕時計 コピー]
[08/08 Buy The Face Shop United States]
[08/07 Sozialy]
[08/07 バーバリー 時計 偽物]
HN:
伊勢 徹
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
<<ニュージーランド地震  | HOME |  民主政権も終わりか?>>
Copyright ©  -- 田舎のリフォーム会社社長のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ