忍者ブログ

田舎のリフォーム会社社長のブログ

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎でリフォーム、不動産メンテナンス、便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

今日は晴れ。気温はあまり上がらず、15度程度です。

朝晩は暖房が欠かせません。あと少し、ご厄介にならなければなりません。


今週の日経ビジネスの特集は、「動き出す無人経済」です。

ロボットが頭脳を手に入れて、あらゆる人間の仕事を代替するという意味。

生産工場はもちろんのこと、オフィスのデスクやスーパーのレジから人の姿が消え、しまいには、経営者そのものも、いらなくなってしまうそうです。

ロボットを使って生産する時には、ロボットにあらかじめプログラミングを入力しておく必要があります。

例えば、自動車工場で塗装ラインにロボットがあったとします。

塗装する車体が流れてきたことを、センサーが知らせると、ロボットは、決められた動作をします。

どこから始め、どこで終わるかをプログラミングする訳です。

色もセンサーなどを使用して、判断します。

つまり、人間が指示した通りの動きをするということですね。

今後、注目されているのは、AIを使用したロボットです。

ロボットには、ミッション(任務)と大量のデータを与えます。

ミッションンは、過去の生産結果です。

そうすると、生産物や加工物が流れてきたら、自分で判断して作業を始めます。

人間の指示なしで、生産するということですね。

オフィスにもその波がやってきています。

雑誌では、リーズ会社の仕訳作業の話が出ていました。

審査するための仕訳をAIがする。

これによって今まで専門家が時間をかけてやっていたのを、わずかな時間で処理してくれるそうです。

倉庫のピッキング作業(商品の取り出し)も自動搬送ロボットが、人間がある場所までやってきて、それを取るだけです。

私が一番関心を持ったのが、経営者が要らなくなるということ。

稟議をするのはAI。経験や勘の経営は昔の話になります。

残るの、「資本家」だけ。


さて、本当にこのような社会が来るのでしょうか?

20年後、30年後には常識になっているかもしれませんね。


拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
03 2018/04 05
S M T W T F S
1
8 13 14
15 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
[04/05 Injury Lawyers Adelaide]
[03/25 increase alternate picking speed]
[03/22 AGEN SBOBET teraman]
[03/15 cheap jerseys]
[03/08 payday loans]
[03/02 remédios]
[02/24 ecommerce platforms comparison 2017]
[02/23 resume services review]
[02/17 http://bit.ly]
[02/14 Annette]
[02/12 Julie]
[02/07 try spartagen xt]
[02/06 review of essay writing services]
[02/03 damske svetre]
[02/02 thesis writing service review]
HN:
伊勢 徹
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
<<富富富の種まき  | HOME |  刑務所からの逃走>>
Copyright ©  -- 田舎のリフォーム会社社長のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ