忍者ブログ

田舎の便利屋社長が行く

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎で便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

今週末が投票日ですが、今回の参議院選は盛り上がりに欠ける戦いとなっています。

新聞報道では、自民党の圧勝が報道されていますが、今日の朝日新聞では自民、公明、おおさか維新の会、日本のこころを大切にする党を合わせた議員数は憲法改正に必要な3分の2に迫っていると報道しています。

選挙の争点は、アベノミクスの成否を問うということですが、私はそれよりも改憲に向けた議員数が確保できるかのほうが興味がありあmす。

現在の憲法はアメリカ占領下の中で制定されたことは、誰もが知るところです。

戦後70年。日本は発展を続け、先進国の仲間入りを果たしました。

この間に世界は大きく変化してきています。

その変化で何よりも危惧したいのが、「ナショナリズムの台頭」です。

自国のことは自国で決める、自国を大切にするという思想ですが、全世界でこの考え方が広がってきました。

イギリスはEU離脱を決め、その他の加盟国も検討しています。

アメリカはテロとの戦いに国内が揺れています。

ISからのテロにおびえるバングラデッシュ。

中東諸国はもはや戦場化しています。

テロリストは日本に入れないとも言われていますが、もはや、それも保障できるものでもありません。

「自国のことは自国で守る」

日本はそうできるでしょうか?

現在の憲法の中では難しいと思われます。

平和憲法というのは良いことです。

しかしながら、中国が攻めてきたら、北朝鮮がミサイル攻撃してきたら、国内でテロが頻発したら、日本は自国民を守れますでしょうか?

アメリカ軍がいる、守ってくれるとおっしゃる方もいます。

しかしながら一方では、アメリカ軍の撤退を望んでいる国民も多いのも事実。

そうなれば、自国のことは自国で守るということが必要になってきます。

この辺で一度、憲法を見直し、現在の世界情勢に見合うようにしなければならないようにしなければならないのではないでしょうか?


拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
04 2017/05 06
S M T W T F S
3 4 5 6
7 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 25 27
28 29 31
[05/30 safety gates for pets]
[05/30 Babydan Stair gate]
[05/30 http://hncyn.net]
[05/29 http://www.hndgb.net]
[05/29 baby stair barrier]
[05/29 large child gate]
[05/29 http://tuyensinh.vanlanguni.edu.vn/ActivityFeed/MyProfile/tabid/61/UserId/134321/Default.aspx]
[05/29 sabiasque.mascine.net]
[05/28 www.qhcl.gov.cn]
[05/28 extra wide baby gates for stairs]
[05/28 baby gate for stairs with one banister]
[05/28 Extra Wide Stair Gate Pressure Fit]
[05/28 pressure fit extending safety gate]
[05/28 banister stair gate]
[05/28 fireplace childproofing products]
HN:
伊勢 徹
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
<<参議院選は自民党の勝利  | HOME |  富山は「空梅雨」です>>
Copyright ©  -- 田舎の便利屋社長が行く --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ