忍者ブログ

田舎のリフォーム会社社長のブログ

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎でリフォーム、不動産メンテナンス、便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

「越中にいかわ観光圏協議会」主催の「魚津の美食ツアー」に参加してきました。(12月11日(金)~12日(土)のかけてのツアー)

目的は、魚津市を中心とした新川観光を今後どのようにPRしていけばいいのか?ということを実際に観光地を回りながら確認し、この地域でとれた海の幸、山の幸を使った料理を食べようという趣旨のツアーでした。

富山市から車で40分程度しかかからない魚津市。

富山市に住んでいるとは言え、ほとんど行くこともありません。

観光地があまりないのです。

もちろん、宿泊することもありません。

日程は、1日目夜、「ホテルグランミラージュ」で地産地消捜索料理を食べました。

献立は以下のようでした

 ・ 魚津産白才のテリーヌと名水ポークのシャブ仕立

 ・ 魚津港紅ズワイガニのムース ズッキーニで巻いて

 ・ 寒ハギのお刺身

 ・ ブリ大根 旬彩亭風

 ・ かわはぎの蜃気ロール グランミラージュ風
 
 ・ 白子の南禅寺蒸し

 ・ 牛肉のステーキ 白ネギのソース

 ・ 魚津うどん

魚津は、カワハギを特産にしようということで取り組んでおられ、メニューにありました。

写真はとりませんでしたのでご想像にお任せいたします。

これだけの料理の食材が地元でとれいることにびっくりしました。

さて、翌日朝、6時から「魚津おさかなランド」というところに行きました。

いわゆる魚セリ場ですが、一般的なセリ場は港に隣接した場所に屋根だけあるような吹きさらしのコンクリートの上で、魚をそのまま置いているのが普通ですが、魚津の場合は魚を必ず発泡スチロールボックスの中に入れ、しかも、プラスチックのフォークリフト用のバットの上におくほど衛生管理に気を使っています。

詳しくは、「魚津行業協同組合」ホームページをご覧ください。

http://www.jf-uozu.or.jp/index.html

隣にある施設、「海の駅 蜃気楼」で朝食をとりました。

現在、紅ズワイガニが採れる時期です。ゆでたてのカニ1パイを食べました。

2e30aebf.jpeg
ゆでたてのカニです。

カラは柔らかく、手でちぎれました。

身も厚く、本当においしかったです。



dc99dfd7.jpeg
左側のことろに湯気が上がっていますが、

大きななべでカニをゆでていました。




その後、山手に移動して「松倉城址」に上りました。

594f27d7.jpeg標高430m。魚津市の南東部の山頂にあった「山城」です。

14世紀ごろ、新川の要塞として栄ていたということです。

城の周辺に約2万人の人が集まり、廓まであったという記述があるそうです。




7d2145c4.jpeg
頂上部は、削り取ったとみられ、平らになっておりました。


 



1a93ec25.jpeg
ところどころ木がありました。







10593907.jpeg
城といっても「砦」のようなものだと思われ、平屋の小屋のような家があったと言われています。






ac106760.jpeg眺めは素晴らしく、富山平野が一望できます。

加賀方面から来た敵軍は、海であれ、陸上であれ、見通すことができます。

昔の人はよく、こんなところを見つけ、要塞としたものです。




戦国時代には上杉軍によって落城してしまいますが、魚津から北へもうしばらく行くと、富山県境の険しい山になってしまい、上杉軍にとりましてはなくてはならない場所であったと思われます。

その後、下界?に降り、「そば打ち体験」をしました。

018_R.jpg
「魚津金山そばうち同好会」の指導のもと、二八そば作りに挑戦しました。

さすが、先生。手つきもさることながら、服装も様になっています。





023_R.jpg
初めてのことでうまくいくかと思いましたが、指導が良かったのでしょうか?途中で切れることもなく、まずまずの出来栄えとなりました。






9df2357c.jpeg
夜、家族で食べましがとてもおいしかったです。







このようなツアーだったのですが、魚津というところを再発見出来たようなきがしますが、まだ、観光地化されておらず、これからのような感じかしました。

蜃気楼や埋没林博物館などがあるが、これらと有機的に結び付けば人気が出るのではないかと思いました。

特に、市場はいいのではないかと思います。

築地市場では外国人観光客が大勢きているような状況ですから、素晴らしい施設を見学できることはいいことではないかとと思います。

関係各位のお力でぜひとも内容のあるツアーにしてほしいものです。









拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
6 11 12
13 14 15 16 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[08/18 ヴィトン コピー 国内]
[08/17 シュプリーム 偽物 価格]
[08/16 Jack]
[08/16 バーバリー 偽物 腕時計]
[08/15 essay writing services reviews]
[08/15 シュプリーム リュック]
[08/13 ヴィトン 偽物 通販]
[08/12 モンクレール ダウン 偽物]
[08/11 アレキサンダー マックイーン 偽物]
[08/10 アレキサンダー マックイーン スーパー コピー]
[08/09 シャネル エスパドリーユ コピー]
[08/08 アルマーニ 腕時計 コピー]
[08/08 Buy The Face Shop United States]
[08/07 Sozialy]
[08/07 バーバリー 時計 偽物]
HN:
伊勢 徹
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
<<雪が積もりそうです  | HOME |  組織変更の影響>>
Copyright ©  -- 田舎のリフォーム会社社長のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ