忍者ブログ

田舎のリフォーム会社社長のブログ

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎でリフォーム、不動産メンテナンス、便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

自衛隊法の改正に向けて自民党が動いているという記事を目にしました。

現行法では今回のようなアルジェリアでのテロ事件に際し、自衛隊は派遣できないそうです。

問題だ!!と思う理由は、日本人が海外でテロの被害に遭いながら、日本は内にもすることが出来ず、その結果、情報が後手後手になり、被害者の安否さえ諸外国に頼っている現状です。

フランスは、関係者でもあったことや近いということもありますが、軍を派遣していたようですね。

アルジェリアのガス田は国も関与しているということ。

一企業が単独で利益優先で行ったことでもないという話も聞きました。

いわば国家的な事業。

その有事の際に、日本国民を守れないということが「異常」ととらえなかればならないのではないかと思います。

このようなことをいうと、また「右傾化」だと非難する人もいるのかもしれませんが、ちょっと考えてみましょうよ。

海外旅行に行って、その身分を保障してくれたり、保護してくれるのは外務省です。

日本人がどこに行っても安心していられるのはその辺の体制がしっかりしているからに他ありません。

今回の場合、人命救助のためにドンパチすればいいということを言ってるつもりはありませんが、やはり自衛隊法、そして憲法には穴があるような気がしてなりません。

被害に遭われたご遺族の方もさぞかし歯がゆい思いをされたのではないでしょうか?


自民党が本気で憲法改正を行おうとしているのであれば、大いに議論をして、現状の国際情勢に即した内容で、しかも日本人自ら作成した憲法へ改正していけばいいのではないかと思います。

こんな悲惨な事件が今後も起こり得る可能性が山ほどあるはずです。

「そのようなところにいかなかればいいのじゃないか?」という意見もあるかもしれません。

しかし、そのように絶対に安全な国だけを相手にしていうことは、世界の中で果たすべき役割から逃げると言うことにもつながり、結果、国際的な地位も下がって、国家の損失にも繋がります。

今の若い人たちのなかには、世界に出て、自分の能力を試していきたいと考えている人たちも大勢います。

その立志あふれる若者のためにも、今回の事件を教訓にして、よりよい自衛隊法、そして憲法になるようにしなかればなりません。

拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
7 8 13
14 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
[01/18 http://bit.ly/2vzgyHc]
[01/17 Laurene]
[01/15 thesis writing service review]
[01/15 Cortney]
[01/12 pattaya porn]
[01/10 review writing services]
[01/08 módy]
[01/08 resume writer reviews]
[01/08 módy]
[01/07 Johny Jackson]
[01/07 Johny Jackson]
[01/06 remedio tesao de vaca]
[01/05 Witryna Online]
[01/05 Johny Jackson]
[01/04 piccsy.com]
HN:
伊勢 徹
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
<<浴室暖房の取り付け依頼  | HOME |  今日から新人社員が入社しました>>
Copyright ©  -- 田舎のリフォーム会社社長のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ