忍者ブログ

田舎のリフォーム会社社長のブログ

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎でリフォーム、不動産メンテナンス、便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

今日は、朝方曇りですが。晴れてくるようです。十五夜のお月さま、見えそうです。



ここ最近、朝の冷え込みがきつくなってきました。

15度前後で、もう半そでは着ていられないですね。


さて、今週、月曜日に、「家の外壁の張替の見積もりを欲しい。実は他社に見積もりをお願いして、価格も出ているのですが、納得していない」ということでした。

早速、当社担当者と現地確認。築50年ほどは経っているであろう家は、その奥にまた家があり、そちらの方が新しく、また外壁もしっかりしています。

「どうしてこの家の外壁を張替えしたいのですか?思入れのある建物ですか?」

「この家は死んだ父親が建てた家で、母親が壊したくないようだ」ということ。

「この建物に投資する価値はありますか?お金をかかるのであれば、奥の家の方が良いのではないですか?」

「そもそも、あなたはあと何年生きますか?30年程ですか?。私だったらこの家を取り壊して、奥の家の内部をリフォームしますが?」

「家族会議をして、また、お話しします。」

という内容のお話しをさせて頂きました。

私が思うに、検討している家は耐震、断熱、水回りの設備はリフォームしなければ、住み続けることが出来ず、そのためには1000万円以上のお金が掛かるはずです。

それに見合うだけの価値があるかということです。

奥の家は、築30年以上経っていますが、外壁や屋根はしっかりしています。

基礎も高めです。

この家を快適なリビング、キッチン、バスにしたほうが、資産価値が上がります。


今日朝一で、またお話しを致しました。

「あなたの言う通り。外壁をやり直しても、お金をどぶにしてるようなものだ。止めます。」

仕事にはなりませんでしたが、無駄なお金を、その相手の口車に乗って、将来のことを考えずに使わなかったことは、良いことだったと思います。

私たちは、単に仕事を請け負えばいいと言う風には思っていません。

将来のこと、お金のことを考えて、現在すべきリフォームを提案しています。






拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
03 2018/04 05
S M T W T F S
1
8 13 14
15 21
22 26 27 28
29 30
[04/24 karmatantric.com]
[04/05 Injury Lawyers Adelaide]
[03/25 increase alternate picking speed]
[03/22 AGEN SBOBET teraman]
[03/15 cheap jerseys]
[03/08 payday loans]
[03/02 remédios]
[02/24 ecommerce platforms comparison 2017]
[02/23 resume services review]
[02/17 http://bit.ly]
[02/14 Annette]
[02/12 Julie]
[02/07 try spartagen xt]
[02/06 review of essay writing services]
[02/03 damske svetre]
HN:
伊勢 徹
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
<<希望の党、少し怪しくなってきました  | HOME |  冬の準備>>
Copyright ©  -- 田舎のリフォーム会社社長のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ