忍者ブログ

田舎のリフォーム会社社長のブログ

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎でリフォーム、不動産メンテナンス、便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

選択したカテゴリーの記事一覧
冬場、富山は雪が降るのでまともに仕事を依頼してくる人はありません。

富山の人は冬ごもりするのです。

ただ、雪が降れば「雪かき」の仕事があります。最近は1mも積もることはありませんが、それでも30~50センチは積もります。

正月早々から、料亭の駐車場の雪かきの仕事が入りました。

新年会をお昼から受けており、駐車場に30センチ以上積もっているとの事。

50坪程度あったでしょうか?4人で行き、ママさんダンプ(雪が降るところに住んだ人しかわかりません)で、早速雪かき。

やってもやってもどけられません。3時間は行ったでしょうか?

新年会のお客さんがもうやってきてしまいました。

そこで終了。つらい重労働でした。

この頃の私たちには重機を使用するという発想がありません。

肉体だけで除雪をしていました。

春3月。人の動く季節になってくると仕事も増えてきました。

近くに富山大学があるので、知人などのつてを頼って空室クリーニングをしました。

1年目からどれだけの部屋の掃除をしたか覚えていないほど仕事をしたことだけ覚えています。

また、3月の売り上げが200万円を超えたことだけは覚えています。

4月、5月になったのですが、売り上げはそこそこ・・・・

夏を前にした5月下旬。「このままの状態でいいのかな?」「こんなことを一生続けなければならないのか?」と考えるようになりました。

そして、名古屋にある本部に行ったのです。「売り上げが150万円そこそこ。苦労してる割には収入がない。このような状態であれば、やめてしまおうか?」

全国にある便利屋といわれている店の売り上げはせいぜい100万円~120万円ぐらいが平均だそうです。(これも後から知りました)

私の売り上げは1年目にしてクリアしていたのです。

本部の社長の回答は「他の方はもっと売り上げが少ない。もう少しの間、我慢したらどうだろか?」

これしか返ってきません。

本来ならば内容の分析をして、どこを強化していけばいいのか?を指導してくれるものと思っていたのです。(本部に頼るのはやっぱりよくない)

「便利屋の仕事はこんなもんなのか?やったってせいぜい数百万円の売り上げ。面白くない。でも石の上にも3年というからもう少し頑張ってみよう」と思い直しました。

このときに本部に要望したことで唯一実現してくれたことがあります。

全国ランキングを発表してくれ。

自分の売り上げがいま、どの位置にあるのかまったく判らない。

トップはどのくらい売り上げがあるのすら教えてくれないのです。

夏には判るようになりました。

その、本部への帰り道に「レオパレス21」様から連絡が入ったのです。

拍手[0回]

PR

1年目は必死でした。

まともに休日を取った覚えがありません。日曜日に休めると思っても見積もりに行ったり、集金があったり、一人で出来る仕事があったらこなしたり・・・・

仕事の内容は、徐々に広がって来ました。でも、私にはやったことのないことばかり。ましてやパートナーは学生です。

相棒に聞いても判るわけがありません。

知恵と力だけで仕事をしたような気がします。

これでは駄目だ、と思ったのが「襖の張替え」でした。お手本どおり貼ったのですが、翌日になると皴が出てしまいました。

今日、届けることになっていたのですがこの状態だと無理だというのがはっきりしていました。

そこで、タウンページを見て近所の襖張替え業者さんに電話しました。「本日中に張り替えてほしい。これから持ち込みますのでよろしくお願いいたします。」と言って頼み込んだのです。

その社長さんは「いいですよ。持ってきなさい」と快く引き受けていただきました。もちろん、その場でお金を支払ったのは言うまでもありません。

何とか納品して、「これからは自分たちの出来ることと、そうでないことを分けなければならない」と思ったのです。

要するに、この商売をやるには「協力会社を持っていないと無理だ」ということです。

又、あるお客様から依頼のあった仕事で「あなたがこの仕事をするわけではないですよね?」と言われたことも追い討ちをかけました。

本当はこのようなときに頼りになるのが「本部」といわれるところでしょうが、残念ながら当てには出来ませんでした。「その仕事を断ってしまいなさい」と言われたことを今でも覚えております。(大概の本部は当てに出来ません。当てにしている人のほうがおかしいと思ってください)


便利屋の仕事は生活にかかわるすべてのトラブル、故障、修理の依頼があります。

極端ですが、「冷蔵庫を直してほしい」という依頼まであります。

「私たちは、生活全般をサポートする組織なんだ。」ということがここではっきりとしたのです。

これが会社名である「ライフサービス」の由来です。

拍手[0回]


04 2018/05 06
S M T W T F S
3 4 5
6 9 11 12
13 19
20 21 25 26
27 28 29 30 31
[05/22 podophyllin 25]
[05/12 best eyelash conditioner]
[05/11 podophyllin 25]
[05/11 game cheats]
[05/11 стройка]
[05/11 стройка]
[05/10 Kathy]
[05/09 podophyllin 25]
[05/08 personal injury lawyer Los Angeles]
[05/07 product reviews]
[05/06 podophyllin 25]
[05/04 games glitch]
[05/02 huuuge casino chips glitch]
[04/24 karmatantric.com]
[04/05 Injury Lawyers Adelaide]
HN:
伊勢 徹
年齢:
58
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
<<前のページ  | HOME | 
Copyright ©  -- 田舎のリフォーム会社社長のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ