忍者ブログ

田舎のリフォーム会社社長のブログ

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎でリフォーム、不動産メンテナンス、便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

東関大震災から丸2年が過ぎました。

わずか2年と感じるのか、まだ2年しか経っていないと思うかは別として、私はあの日のことを忘れることはできません。

あの日、午後から富山刑務所へ更正保護協力会主催の見学会へ参加していました。

私自身、富山刑務所の見学は複数回目ですから、むしろ初参加の方に説明をする位でした。

見学が終了し事務所で説明を受けていたとき、揺れを感じました。

2階だったのですがかなり揺れたことを覚えています。

「この建物は免震ですので安心してください。それにしても揺れていますね」という刑務官の言葉。

10分ほどしてから、「東北地方で大地震が発生したらしい。テレビで速報が流れていますが、とんでもないことになっているようだ。説明会を中止して解散にいたします。」

私はすぐに事務所に帰り、テレビを見ました。

最初の光景は、津波が仙台沿岸部に押しよせている映像でした。

松並木のそばまで迫る津波。

そのすぐそばの内陸部では高速道路と思われる高台に向かって逃げる車。

津波は生き物のように家やビニールハウスを飲み込み、そして仙台空港にもやってきました。

空港ターミナルビル屋上には多くの人。

滑走路には津波が・・・・。セスナ機などが飲み込まれていきました。

その後は、仙台港や松島あたりの模様が生中継されていきました。


あれから、2年。

テレビではここ1週間でさまざまな番組で震災のその後を放映していますね。

いまだに野原になっている市街地。うず高く積まれている瓦礫、車、船。

その光景をみればまだ変わっていないと思えますが、少しづつ復興に向けて動いているのでしょうね。

ある番組で言っていました。

「この町の海岸線に最高で12mの防潮堤ができる計画になっている。私たちはこれができると海を見ることができなくなる。将来を考えてその選択は本当に正しいのだろうか?」

人間は自然を征服したように思えますが、実は何ひとつ征服できていません。

人間は自然に逆らうのではなく、自然と寄り添って生きていくべきではないでしょうか?

そう考えれば、津波の来ないところに居住するという選択肢をしていったほうがいいのではないかと思います。

ちょうど今、富山では「インカ帝国展」が開催されています。

マチュピチュという「空間都市」がペルーの高地にありますが、その建設された意味はいろいろあるようですが、高度な文明を持っていたことは事実です。

「要塞」としての機能、王の避暑地ではとも言われていますが、熱帯地方の高原はさぞかし過ごしやすかったのではないでしょうか?

私たちも単なる経済活動だけの論理で住居を考えるのではなく、その先のことまで考えた居住地を考えていかなかればならないのではないでしょうか?

今回の津波を教訓にして、災害のすくない地域を活性化していくことを推進するお手伝いができればいいかなあと思っています。



拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
6 11 12
13 14 15 16
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[08/18 ヴィトン コピー 国内]
[08/17 シュプリーム 偽物 価格]
[08/16 Jack]
[08/16 バーバリー 偽物 腕時計]
[08/15 essay writing services reviews]
[08/15 シュプリーム リュック]
[08/13 ヴィトン 偽物 通販]
[08/12 モンクレール ダウン 偽物]
[08/11 アレキサンダー マックイーン 偽物]
[08/10 アレキサンダー マックイーン スーパー コピー]
[08/09 シャネル エスパドリーユ コピー]
[08/08 アルマーニ 腕時計 コピー]
[08/08 Buy The Face Shop United States]
[08/07 Sozialy]
[08/07 バーバリー 時計 偽物]
HN:
伊勢 徹
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
<<売り上げが減少している、とある居酒屋さんでの話し  | HOME |  年老いた私の父親の話>>
Copyright ©  -- 田舎のリフォーム会社社長のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ