忍者ブログ

田舎の便利屋社長が行く

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎で便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

経済再生担当大臣であった、甘利さんが昨日辞任されました。

建設会社から、政治献金100万円を受け取ったということを認め、適切に処理されているとおっしゃっておられます。

しかし500万円に関しては秘書の段階で処分されてしまい、さらに接待を受けていたそうです。

本人は政治献金として受け止め、適切に処理したと思っていたのですが、秘書がその通り動いていなかったということになるのでしょうか?

秘書は大変な仕事です。政治家先生の代わりに宴会への出席、日曜日になれば地元回り。夜遅くまでなることは普通です。

その割には給与が少ない。

志がないと務まらない仕事とも言えます。

ある知り合いの現職の先生がつぶやいておられました。

「来るものは拒まず。陳情を受けるのが政治家。悪さを考えている人はおのずと遠ざかっていく」

その辺の見極めがとても難しいことだということが、今回の騒動で判りました。

秘書も人間です。

先生のためと思い、接待も受け、お金は万が一の時のために隠しておこうと思っていたのかもしれません。

今回の記者会見では、大阪の新聞社がしつこく質問をしたそうです。

「現金は背広のポケットに入れたのか?2回目を頂いたときにお金だと気づかなかったのか?」

先生にしてみれば、あまた多くの陳情者が来て、しかも5分程度の面談しかないのに、どれれがどうだったか、お金があったのかをその場で判断している先生は少ないのではないでしょうか?

秘書から言われ、お金の存在を知り政治献金として処理するように指示をしたのは間違いないのではないでしょうか?

安倍政権の政治課題を解決していくには、早期の幕引きが必要だったことは間違いありません。

野党も応戦していくという立場をとっています。

早く終息に向かい、政治課題を解決する方向に向かっていってほしいものです。


拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
04 2017/05 06
S M T W T F S
3 4 5 6
7 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 25 27
28 29 31
[05/30 safety gates for pets]
[05/30 Babydan Stair gate]
[05/30 http://hncyn.net]
[05/29 http://www.hndgb.net]
[05/29 baby stair barrier]
[05/29 large child gate]
[05/29 http://tuyensinh.vanlanguni.edu.vn/ActivityFeed/MyProfile/tabid/61/UserId/134321/Default.aspx]
[05/29 sabiasque.mascine.net]
[05/28 www.qhcl.gov.cn]
[05/28 extra wide baby gates for stairs]
[05/28 baby gate for stairs with one banister]
[05/28 Extra Wide Stair Gate Pressure Fit]
[05/28 pressure fit extending safety gate]
[05/28 banister stair gate]
[05/28 fireplace childproofing products]
HN:
伊勢 徹
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
<<日銀が「マイナス金利」発表  | HOME |  うつを楽しむ>>
Copyright ©  -- 田舎の便利屋社長が行く --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ