忍者ブログ

田舎のリフォーム会社社長のブログ

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎でリフォーム、不動産メンテナンス、便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

ここ数日は、平年より気温が高い状態が続いているようですね。

そのせいか、日中少し運動をすると汗ばむこともあります。

その汗をそのままにしておくと体が冷えて風邪を引く原因となってしまいます。

沢山の汗をかいた場合には、着替えをするなりをしたほうがいいようですね。


f14e6d18.jpeg
そろそろ冬支度をする頃になってまいりました。

今日現在、まだニュースがありませんが、金沢兼六園の雪吊が始まったというのが開始の合図のように富山でも準備が始まります。







最近の新築の家では昔ながらの「松」などを庭に植える人はいなくなりましたが、40年位経過しているような住宅地になりますと、立派な門松があったりします。

雪吊はしなくてもいいものかということですが、最近の冬お降雪量からするとしなくてもいいかもしれません。

しかしながら、もともとの意味は4つほどあります。

1つ目。雪の重みから枝を守る。

富山の雪は水分を多く含みます。その雪が枝に積もり、重みに耐えられなくなったときに枝が折れます。

2つ目。枝が折れるのを防ぎます。

雪が枝から落ちるときに反動で折れることがあります。

それを防ぐためにも縄で吊っておいた方がいいのですね。

3つ目。防寒と目印

縄で囲いをすることで多少の防寒になります。

積雪が1m位になると、低木は雪で隠れてしまいます。

縄で囲むことで雪が直接触れることを防ぎます。

また、樹木があったことの目印にもなります。


4つ目。美観。

雪吊の縄目は整然として気持ちのいいものです。

てっぺんにわらでかさになるようなものを作り、飾りにしているのもあり案す。

見ていても美しさを感じます。

まだ意味があるかもしれませんが、樹木から雪による被害を防ぐには雪吊り、雪囲いは行った方がいいと思います。

しばらくしていないと思われる方、今年は雪吊をされて見てはいかかでしょうか?

3cefcecd.jpeg

拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
TRACKBACK
Trackback URL:
05 2018/06 07
S M T W T F S
2
3 4 9
10 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
[06/18 ugg Boots]
[06/16 Prediksi Bayern Munchen vs Real Madrid]
[06/16 buy soundcloud plays fast]
[06/16 Ultra boost]
[06/16 free online movies online]
[06/15 Automated cloakroom suites Ebay]
[06/15 Ceme Qiuqiu]
[06/14 free robux codes Generator no survey]
[06/14 judi Bola sportsbook]
[06/14 Josefa]
[06/13 http://Isao.S28.Xrea.com]
[06/13 lesbian]
[06/12 scr888 Casino]
[06/12 Agence De Communication L'isle Sur La Sorgue]
[06/12 Judi Bola]
HN:
伊勢 徹
年齢:
58
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
<<復興支援返済期間が25年に決定?  | HOME |  今日から11月>>
Copyright ©  -- 田舎のリフォーム会社社長のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ