忍者ブログ

田舎のリフォーム会社社長のブログ

独立して丸15年。 不況の中、富山の片田舎でリフォーム、不動産メンテナンス、便利屋として頑張っています。当社の歴史、苦労話、経営観、今日のコメント、従業員の紹介、仕事の内容などを書いています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

今日は、昨日と打って変わって、晴れ。気温も12度まで上昇します。

昨日の雪は、跡形もなく、地面も乾きそうです。




さて、我が家ではペレットストーブをリビングに設置しております。

ペレットとは、間伐材などを細かくして、直径5mm程度に細長く圧縮した後、1~2センチ程度に裁断したものを燃やす、ストーブです。

実物は写真の通り。



本体の上に入れ、下の燃焼室に一定間隔で2~3個、落ちます。

燃えると、このように炎が出ます。



正面のガラスは、耐熱ガラスで出来ており、煙で曇ります。



燃焼室内部。真ん中の低いところで燃えます。

灰は、さらに下の受け容器に溜まります。


どうやって暖かくなるかというと、内部で燃焼した熱や炎が上部の鉄板に当たり、そこにファンで風を当てることにより、暖かい風が全面上部から出てきます。

燃えた排気と吸気は、煙突で外に出ます。







煙突は2重構造になっており、外側が吸気、内側が排気です。

燃焼時に煙突を触っても排気が内側なので、熱くありません。

煙ですが、最初の燃焼時に青い煙が出ますが、その後は、ほとんどわかりません。

匂いも最初だけ、木材が燃えている匂いがしますが、運転時はほとんど感じません。

完全燃焼とまでいきませんが、それに近い形で運転します。

遠赤外線も放出しますので、体の芯から温まり、また、床も暖かくなります。

気になる燃料代ですが、我が家のリビングは28畳ほどあり、さらに天井も高いので、一概に比較できないかもしれませんが、真冬の寒い日、1日18時間ほど使用すると、10kgのペレットの袋がなくなります。

10kg入りの袋は、約600円程度。

エアコンや灯油使用より、割高になりますが、「炎を見る癒し」効果は、期待できます。

薪ストーブとの比較ですが、薪ストーブとは、似て非なるものです。

薪ストーブは、電気を使用しませんが、ペレットは使います。

と言っても、ファンを回す程度ですので、扇風機程度の電力量です。

燃料も違います。

燃焼ですが、薪ストーブは材料の性質上、完全燃焼する場合とそうではない場合に分かれ、煙が出ることもあります。


ざっと、書きましたが、環境を意識した方、炎で癒されたい方は、是非、検討してみてください。



拍手[0回]

PR

COMMENT
Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
03 2018/04 05
S M T W T F S
1
8 13 14
15 21
22 26 27 28
29 30
[04/24 karmatantric.com]
[04/05 Injury Lawyers Adelaide]
[03/25 increase alternate picking speed]
[03/22 AGEN SBOBET teraman]
[03/15 cheap jerseys]
[03/08 payday loans]
[03/02 remédios]
[02/24 ecommerce platforms comparison 2017]
[02/23 resume services review]
[02/17 http://bit.ly]
[02/14 Annette]
[02/12 Julie]
[02/07 try spartagen xt]
[02/06 review of essay writing services]
[02/03 damske svetre]
HN:
伊勢 徹
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/05/18
職業:
会社役員
趣味:
ゴルフ
自己紹介:
両親、妻、犬(ラブラドール:ブラック:名前アッシュ)ネコ(雑種:チーコ)の4人+2匹と生活。
長女、長男は大学生で東京でそれぞれ一人暮らし。
腰の手術をしてからは、大幹を鍛えることに意欲を見せ、筋力UPに努めています。
自分では「まじめな人間」だと思っているのですが、「しょわしない(落ち着きがないという意味)」「面白い人」「いい加減」といつも言われます。
性格は母親に似ているのかもしれません!!

-外国為替-
<<オーディオフェアーに行きました  | HOME |  積もりました>>
Copyright ©  -- 田舎のリフォーム会社社長のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ